第12話 聖女様とぎゅーっと

 休み時間の度に周りから視線を感じるので落ち着かない。

 あと授業中も隣の小林さんからビシビシ視線を感じる。


 放課後が近づくと御園がじーっと視線を送ってくる。

 あれね。わかってる。わかってるからそんな見ないで…。

 クラスの視線がここに集中しちゃうからっ……!



 放課後、昨日と同じ校舎裏に向かった。

 御園はもう来ていて遅いですよ?と言う。

 御園が早すぎるんだけど…。


「ふーん……随分とおモテの様ですね」


「え?そんな事ないけど…」


「本当は私だけが知っていたかったのに……」


 ボソリとそんなことを呟く。



「さっさとして帰ろうぜ」


 なんか今日は気苦労というか疲れた。

 家に帰ってグータラしたい。


「なんですかそのやっつけ仕事みたいな、嫌なんですか?」


「嫌じゃないよ……でも毎日っていつまでやるんだよ?」


「期限なんて決めてませんよ?私……強いて言うなら私が満足するまででしょうか」


「えぇ……」


「でも……本当に嫌なら言ってね?」


 そういうと御園は昨日と同じ様に俺の背中に腕を回してきた。

 柔らかくて大きな胸が俺の胸板に押し付けられてひしゃげる。


「由良くんもぎゅってしてっ」


 お互いに腕を背中に回してから30秒、それが俺と御園で決めた妥協点だった。

 御園の背中に腕を回して強く抱きしめると御園は「んっ」と艶かしい声を出し、胸の感触をわからせる様にゆさゆさと体を揺らしてくる。

 艶やかな髪と柔らかな体からは御園の甘い匂いが俺の理性を刺激してくる。

(あぁぁぁぁ、ヤバいぃ)


 柔らかく豊満な体の抱き心地があの日々を想起させる。


 御園も思い出したりしてるんだろうか。


「由良くぅん…」

 潤んだ目で見つめられて名前を呼ばれる。

 雰囲気が徐々に甘くなっていく。

 もっと先を望めば叶うんじゃないか、そんな思いがよぎる。





 なんとか、本能に負けずに耐え切ることができた。

(30秒でよかった……)

 そう思わずにはいられない


「もう……?」


「ちゃんと30秒たったぞ」


「また私とえっちしたくなりました??」


「いや……」


 名残惜しそうに体を離す御園は、蠱惑的な笑みで俺にそう囁いた。



  • Xで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る