第8話 髪を切る

 あの後たっぷりと御園とハグをさせられたけどやばかった。

 主に俺の理性が…。

 というか御園も目がとろんってしてたし。

 密室とかでは絶対しちゃいけないな、うん。

 これを毎日か……とかなり心配になるが楽しみにしている自分もいる。




 だって俺はまだ御園のことが好きなんだから。





 家に帰ると待ってましたと言わんばかりに由希に出迎えられた。

 美容院を予約したらしく由希も一緒に予約したらしい。

 お金は母さんが気前よく出してくれてついでにデートしてきたら?と余分に渡された。

 きっとお母さんもお兄ちゃんが髪を切るのが嬉しいんだよと由希は言う。

 まぁ、こんな髪型してたら息子は青春捨ててると思われてたって仕方ないか。



「いらっしゃいませ〜」


 妹がいつも言っているという美容院に行く事になった。

 お客さんは女性ばかりでこんなところ1人で入るとか絶対無理だわと思ったので由希が着いてきてくれて助かった。。。


「どういう髪型にしますか?」


 担当してくれたのは綺麗なお姉さんだった。

 今のこんな髪型を見ても表情を変えないところは流石プロだなぁと思う。


「えっと…」


 あらかじめ由希にこの写真見せて!と言われていたので

 スマホの画面を見せる。


「わかりました〜」


 今までは近所の床屋にいっていたが、俺は髪を切られているとすごく眠たくなる、

 店内のBGMとハサミの音といい匂いで目がしゅぱしゅぱして開かなくなるのだ。

 という訳で遠慮なく目を瞑る。

 髪型が変わっていって、もし似合ってなかったらと思うと目を開けられないというのもあるが…。



 最後に髪を整えられて終わりましたよ〜と告げられた。

 鏡に写っていた自分は、短くなった髪がセンター分けに整えられ、めっちゃ清楚なイケメンになっていた……。



 あれぇぇ?





  • Xで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る