お知らせをするためだけの小説(?)

作者 怜紺

3

1人が評価しました

★で称える

レビューを書く