幼馴染が陽キャイケメンの兄貴に会いに来ているだとばかり思っていたんだが、どうやら陰キャ弟の俺の方が本命だったらしい。俺が部屋から消えようとするとついてくる件

作者 雲川はるさめ

70

27人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?