僕が高嶺の花と思っていた女の子は僕の事を高嶺の花と思っていたようです。

作者 和泉 詞