四季咲さんたちは愛されたい

作者 鷺乃森雅雪

68

24人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

職場の先輩OLに告白した主人公。
意外と悪くない反応ながらも、その告白をOKするにあたって一つ不可解な条件を提示される。
それは「自分を含む四人全員のOKを得ること」。
まずは一週間後に一人目と出会うことになったものの、一週間後に待ち合わせ場所に現れたのは……。

先輩自身をはじめとして四人はいずれも個性的&違った魅力を持っていて、一人一人との各々の個性が活かされた交流が実に羨ま……微笑ましい。
そして先輩と付き合うための条件で仕方なく……だったはずが、交流を通して四人それぞれとも一気に距離を縮めていく主人公。
はたして無事先輩と付き合うことができるのか。



……ここまで敢えて触れなかった作品の根幹を成すとある特殊なギミックにより、唯一無二の存在感を示しているこの作品。

ギミックの斬新さもさることながら、キャラクターの可愛さを軸とした斬新さに負けない物語構成も見事な、四人との素敵な交流の物語でした。

★★★ Excellent!!!

本作はかなり特殊な構成をしています。理由を考えたとき『第1回「G’sこえけん」音声化短編コンテスト 』に参加していることが目に留まりました。

なるほど。この設定と構成だと声優の演技を堪能できます。単に物語を楽しむのでなく、声優自身の魅力を引き出すことができます。よく考えられた構成です。

これは声で聞きたいです。音声化を切に希望します。