別々の高校に進学した好きな人のボディーガードと称して一緒に下校する事になった件

作者 水河 悠 (みずかわ ゆう)

212

74人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

両片思いで、互いに好意を伝える機会がないまま別々の高校に進んでしまった中学時代同級の二人が、部活動を通じて偶然に再会を果たし、周囲の応援を受けて、遂には恋心を通わせる素敵な物語。
主人公はヒロインを寝取りやナンパから守り、ヒロインは主人公への侮辱を絶対に許さない。互いに一途です。
主人公視点・一人称語りで進行しているので、読者は主人公をアバターとしてヒロインと交際しているような気分になれます。
是非ともエタらず、きちんと完結させて欲しい素晴らしい作品です。
(交際が始まってからをも描く日常系作品は、区切りが付け難いためか、執筆のための話題が尽きて惰性で続いた末にエタる傾向が非常に高い)