歴史実録! 覇王項羽 四面楚歌する

作者 愛LOVEルピア☆ミ

18

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

史記で有名な項羽――西楚の覇王の最期。四面楚歌、覇王別姫などの言葉で語られる、その最期。

項羽というと、武力の高さはさりながら、武略が無くて、やがて沛公・劉邦に追いつめられていく……その生き様が有名です。

そしてその最期の戦い、垓下(がいか)の戦いにおいて、抜山蓋世の英雄が何を思い、何を感じたのか――それを描き、活写しています。

ぜひ、ご一読を。

★★★ Excellent!!!

楚汉争霸其实说起来算是战国的一种延续,秦扫荡六合八荒后,为了的稳定不希望使用强硬的手段对刚吞并的六国贵族进行打压。
当然这也算是必然的,自商鞅变法以来秦经过近百年才部分统合了本国贵族(但秦长久以来上层的将相不和问题也十分严重)。
过快的统一造成了后来的崩盘,秦被六国残余贵族灭亡后,就是争夺胜利果实的战争。
项羽所在的楚国贵族势力本身在六国贵族眼中就是一个暴发户,而且过于强大,因此要被合力压制。
刘邦是一个新兴贵族,再六国旧贵族眼中是一个妥协的产物。
额,对不起,说的有点多了。
打字说有点麻烦,就这样吧!