例文その1 オールA達成成功例

 ロゴーン結果を踏まえ、オールAを目指し見事達成した文章が以下になります。

 途中完全にヤケを起こしてますが、生暖かい目で読んでいただければ幸いです。


 ※ほんの若干の暴力描写がある為、苦手なかたはご注意ください



*******(ここから↓)


 わたくしは誇り高き触手貴族の令嬢、ルウラリア・ド・エスリョナーラ。

 ごらんの通り、サクラ貝の如くきらきらと輝く触手を持つ、高貴な一族の娘です。

 この、代々受けつがれた自慢の身体。

 強さとしなやかさに、並ぶものはいません。

 いつもは身体の左右に5本ずつ、合計10本ほど生えている触手。しかし本気を出せば、10倍ほど増やすことも出来ますわ。

 特に顔の左右から垂れた、うるわしき金色の触手は誇りです。

 毎朝きちんと手入れを欠かさず、タテロールに仕上げる。それが令嬢のたしなみというもの。


 エスリョナーラ家の一人娘として、この世に生を受け、15年。

 決して恥ずかしくない人生、いや、触生を送ってきたつもりです。


 しかし今わたくし、お父さまからとんでもないことを言われており――



「ルウラリア・ド・エスリョナーラ!

 これよりお前を、危険思想の罪で追放する!!」



 いつもと変わらぬ、晴れた朝のこと。

 豪華なダンスホールへ、突然呼び出されたかと思うと。

 壇上から、お父さまに宣言されたのです。



「お待ちください、お父さま!

 何故このわたくしが、危険思想など……!?」



 えぇえ、何ということでしょう――

 わ、わわ、わたくしが、追放?

 ――しかし実は、心当たりがないわけではなく。



「えぇい、黙れ!

 触手の身でありながら――

 捕まえた人間を裸にせず。

 それどころか、衣服を溶かしも脱がしもせず!

 何もせず、ただいつまでも、もてあそぶばかりなど……

 一族の風上にも置けぬ行為だ!!」



 うねうねうねうね。壇上で怒り狂うお父さまの触手は、既に50本を超えています。

 執事やメイドたちに、今にも襲いかかってしまいそう。

 お父さまの腕がうなりだせば、彼らなど、簡単に吹き飛ばされてしまうでしょう。



 それでも。

 ――それでも、わたくしは言わねばなりません。

 お父さまに、いかに言われようとも。この想いだけは、曲げられません!



「何をおっしゃいます、お父さま!

 今どき、いきなりマッパにする触手などありえませんわ!

 それに、何もしていないわけではありません! 

 美しく整えられた衣装を、少しずつ引きちぎる。布地の内側へそっと侵入する。

 ほんの少しだけ肌がさらされた瞬間、赤らむ表情。

 そんな感情のほとばしりこそ、至高の……あぁっ……!!」



 そう――

 我らが触手族は長い間、即時全裸派が多数を占めていました。ちょうどお父さまのような。


 しかし、世は移り変わるもの。わたくしたちの代では――

 いきなり全裸にするよりも、清らかな衣服を少しずつはぎ取り、肉体をゆっくり味わいつくす。いわゆる着衣凌辱派の若者が増えてきました。


 どっちもドレスブレイクには違いないだろうって? いいえ、全く違います!


 整えられたきれいな衣服が、きたえ抜かれた鎧が。

 触手に引きちぎられ、汚され、傷ついていく。

 薄くなった布の裂け目から、ほんのりのぞく柔肌。

 勇敢でたくましかった若き戦士たち。その表情が恐怖にゆがみ、恥辱にうちふるえる。

 触手に絞めあげられ、びりびりちぎれゆく衣服。

 めきめき壊れる装甲、裂ける肌。ぶしゅっとほとばしる血しぶき、がしゅっと砕ける骨の音……

 何と言っても、限界までボロボロにされながら、なお抗おうとする姿。

 その、美しいことといったら――! あぁぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああぁあぁああぁああああぁああああああああああああああああああああああああああああああ~~!!



 考えただけで、身体がほてってきました。

 この、熱く強き想い。何故、お父さまには分からないのでしょうか。



「えぇい、やかましい! この場で発情するヤツがあるか!!

 お前が若者たちに、あらぬ思想を吹聴しているせいで!

 我が一族は最近、草食触手だのナチュラルボーンリョナラーだの、いらぬ恥をかかされまくっておる!」

「前者はともかく、後者は触手として、最上級のほめ言葉ではございませんか!

 お父さま、どうかお考え直しを!

 即物的な凌辱行為など、もう古いのです。

 若き人間をゆっくりとなぶりながら、美しき姿を少しずつ乱していく。

 その快楽を知れば、お父さまもきっと――!」



 それでもお父さまに、最早わたくしの言葉なぞ聞こえておらず。

 一方的に言い放たれてしまいました。


「ともかく、お前は追放だ! 

 一瞬で一気に脱がし、一糸まとわぬ生肌に、触手を這わせる。

 スピード感が大事だ! 幼きころより、何度も言っているであろう!

 触手といえど、命は有限。

 素早く動かねば、多くの人間をとりこに出来ぬ。それこそ、触手族の命だというに!!

 考えを改めろ。それまで我が家の敷居をまたぐことは、許さぬ!!」



 うぅう、くやしい。

 スピード感――

 わたくしの、一番嫌いな言葉ですわ。

 それに、多くの人間など、わたくしには要りません。


 このかたと決めた、運命の存在。

 たった一人でもいい。赤い糸で結ばれた存在とめぐりあえれば。

 そしてそのかたを、わたくしの愛の触手で心ゆくまで包み込めれば――!


 そう思うとさらに身体はほてり、触手はお父さまと同じ数まで増え。

 激しい怒りさえわきあがってきました。



「望むところですわ!

 お父さまのお考えが改まるまで、わたくし、二度と戻りません!」



 わたくしの身体は最早、モミジの如く真っ赤になってしまいました。

 でも、構いません。これ以上お父さまとお話しても、無意味です。

 その場で、ぷいと背を向けました。執事やメイドたちの悲鳴が響きわたります。


「ひえぇ、ルウラリア様!

 だんな様も、どうかお考え直しを……このままでは、お家が!!」

「お嬢様に出ていかれてしまったら、私たちの仕事が!!」

「いやぁあ、お待ちください~! だんな様、お嬢様ぁ~~!!」


 一斉に触手ですがってくる執事やメイドたち。しかし、わたくしにかなう者がいるはずもなく。

 わたくし、怒りのあまりひと薙ぎ。


 どっごぉおおぉおおおぉおん!!!


 轟音と共に、彼らはみんな吹っ飛んでしまいました。

 うっかり暴れるとこうなってしまうのは、いつものことです。

 これでも一応、力はセーブしています。けが人は出ていないはず。

 ダンスホールにも、大穴が空いてしまいました。隕石でも落ちたかのよう。


 あぁ……

 そんな惨状には目もくれず、お父さまは立ち去っていきます。

 お父さまがそのつもりなら、わたくしだってそのつもり。

 考え方の違いは、どうしようもないものですね。たとえ家族であっても。


*******(↑ここまで)



最終的に勝負を分けたのはやはり、ひらがな出現率でしょうか。

これでもかというほど擬音と感嘆詞を使い、「父上」の呼び方まで「お父さま」に変えました。

クライマックスはやはり「あぁああぁぁああぁあ~!」の絶叫でしょう。

これでも、硬さの評価があと一文字でBに落ちるギリギリまで「あ」の数を減らしています。ホントです。


これだけで終わるのもアレなので、次は失敗例。

お嬢様言葉をとっぱらって大失敗してしまった例も載せてみますw

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る