名前のないラブレター

作者 御角

266

92人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 御角短編をしっかり読み漁ることにしました、DITinoueです。

 さてね、というわけで読んでみました。
「名前のないラブレター」
 名前のない手紙ですよ。かの有名な。でも、これは特殊です。名前のない“ラブレター”で、しかも差出人のところが暗号になってるっていう。
 そんなことあるか?!

 というわけで、なんと探偵事務所に行っちゃうと、推理してくれるんですが……。
 ある推理に嘘やん!あかんやん!と嘆き、その後なるほど!と安心し、スッキリします。感覚で言うと。そして、ラストでほっこり、そしてキュンキュンです♡
 読む時の感覚はこうでしか表せない!

 素敵な青春のハチャメチャな初めの一歩をぜひこの小説でご堪能下さい!

★★★ Excellent!!!

ラブレターを貰った。
なのに差出人が書いてない!

これじゃあ誰から告白されたのか分からないじゃないか!!!

名前の代わりに書いてあったものは数字だけ。
この謎が解けるかどうかで僕の学生生活が変わってくるんだ。


しっかりした謎解きと、魅力的な登場人物。
みなさんも推理しながら読んでほしいお話です。