悲しき焼き鳥挽歌

ヤキトリエレジー(悲歌、挽歌)というからにはこの作品のオチまで焼き鳥に引っかけてやるぞ!!!という執念すら感じる話。オチも笑えばいいのか泣けばいいのか。空っぽの手錠の描写が寂しい。

焼き豚を焼き鳥と言い張る文化があるんですね。納得がいかないです。

その他のおすすめレビュー

豆腐数さんの他のおすすめレビュー631