#インターネット老人会

音澤 煙管

時過ぎて、掌に……




独りになって自由な頃、

何かを求めて夜中前。


電話とネズミが仲良くなって、

目に映るモノは新鮮に。


タイプも慣れて文字流れ、

やがて約束戯る場所へ。


宴の時はネズミは居ない、

現る顔は文字名の者たち。


都を後にし田舎へ戻り、

再び夜中前から東雲まで、

ネズミ操り電話繋ぐ。


あの頃の顔たちは、

己と同じ何処かに老いて。


ふと気がつく老い我に、

ネズミも構わず夜中前、

老いた目からは活字消え。


代わりに耳する勉強会、

あの頃と同じ夜中前、

日出まで寝られず勉強会。


電話がラジオに変わった頃、

随分老けたと懐古心。


掌に活字操る今は、

老けた活字の友と語り。


ネズミ放題電話放題、

遠い遠い二十の年の、

記憶だけは老いて無い。


またあの頃同じ懐古心、

掌で語る老人会に……










  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

#インターネット老人会 音澤 煙管 @vrymtl

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ