第8話 新人類 ~中編~


「疲れたよ、パトラッシュ」


 某アニメの主人公の気持ちが良く解る百香は屍のように、ぐったりと《エデン》の草原で寝転んでいた。

 あふれる緑と心地良い風に、疲弊した神経がゆっくり癒される。


 あれから二ヶ月。人工子宮の胎児達はすくすくと育ち、促進培養ですでに臨月。眼も開き、培養液の中を泳ぐようになっていた。ガラス越しの医師達に反応するようにもなっている。


 もう少ししっかりしたら出して上げないとな。首が座ったくらいが頃合いか。


 そんな事を考えながら、百香は自分も《悌》生まれなのだと思うと感慨深い。

 それに、ある一つの謎が解けたような気がする。


 野外作業に絶賛邁進している百香だが、実は死病を発症していない。


 関係者には話してある。口裏を合わせてもらってもいる。野外作業に参加していたなかで、百香のみが発症していないのだ。

 他の人と何が違うのか。今なら解る、私だけが人工子宮生まれ。私だけが異質だった。

 だとすれば.....人工子宮生まれが、件の放射能に侵されないというなら、新人類達は地上で新たな文明を築く事ができるのではないか?


 まぁ朗報と言えなくもないか。確証はない。


「それにしたって、ガイアもガイアよ。私が生まれる前から御父様の相棒だったのは知ってるけど、ほんと融通の利かないったら。御父様至上主義が過ぎるわ」


 知ってたけどねっ


 ガイアが疑似人格を有している事すら私は知らなかった。。

 ガイアの後出しにもほどがある情報の数々。すべては彼の掌で踊らされているようだ。


 そこまで考えて、百香は言い知れぬ悪寒に身震いする。


 思わず起き上がり、斜め左にある《悌》の扉を凝視した。


 まるであらかじめ知っていたかのように用意されていたシステム。我々が予測不可能だった事案を、ガイアは最初から知っていたのではないか?


 冷凍睡眠で日本人が半減する事も、未知の放射能で死病が蔓延する事も。

 でなけれは、《エデン》の居住区が、あんなに小さい訳がない。人々が激減するのを知っていたからこそだ。

 更には人工子宮に隠された謎。放射能に耐性を持つように仕組まれたプログラム。これが未知の物にも対応している。


 即ち、ガイアは未知の放射能を知っていた。


「そうだ、知っていたはずだ。知っていて.....野外作業を黙認した。.....人々を見殺しにした」


 百香は愕然とした。みるみる眼が見開き、憤怒の炎が荒れ狂う。百香を含めた大勢が試行錯誤で苦しんでいるなか、ガイアは沈黙し、何も語らなかったのだ。


 知っていたはずなのに!!


 荒唐無稽かもしれない。単なる偶然だってありうる。しかし、それら全てを否定する怪しさは拭えない。

 そして、ただの機械には怪しさなど存在しないのだ。正か否か。0と1で出来ているコンピューターに、人を騙す、あるいは濁すといった曖昧な事は出来ない。


 ガイアはただのコンピューターではない。これは確信だった。


 《悌》の扉が開くのももどかしく、百香は入ると同時にガイアの端末に駆け寄り起動する。

 憤怒を隠さぬ百香の表情はまるで鬼神のようで、あまりの剣幕に引いた医師達は、何事かと御互いに顔を見合わせた。


「ガイア。あんた知ってたんでしょ? 人工子宮で育成された胎児は、放射能に対して未知の物も含んで耐性があるって」


 訝る医師達を一瞥し、百香は腕を組んでガイアの端末を睨めおろす。

 底冷えのする冷たい眼差し。見る者に十分な恐怖を与える鋭利な瞳だが、ガイアには何の意味もない。ほんっと忌々しいコンピューターだ。


《答エハ YESデス》


「何故知らせない? 私の事も含め事前に知っていれば、もっと何か手が打てたかもしれないのに。ひょっとして、あんた未知の放射能の事も知ってたんじゃないの?」


 しばしの沈黙。


「知ってたよね? でなきゃ、人工子宮のシステムが未知の放射能に対応してる訳ないよね?」


 ガイアは喋るだけじゃない。自我があり、自己判断でシェルターの管理をしている。

 今までただ言われた事にのみ反応していたガイア。しかし、よくよく考えてみれば、我々は全てガイアに任せてきたのだ

 冷凍睡眠カプセルの維持から、低年齢な者の養育。食事の管理や栽培プラントの調整まで。

 シェルター内にいる家庭用、業務用ロボット達も、全てガイアが把握している。

 父に日本人の命運を任された人工知能が、ただの機械な訳がなかったのだ。


 ありえないほど今さらだが、ようやく百香は目の前の無機質な鉄の塊が、おぞましい化け物だと気がついた。


《ソノ質問ニハ プロテクトガ カカッテイマス。解除ガ必要デス》


「ふざけるなっっ!」


 百香の怒声に、医師達がビクッと竦み上がる。


「あんた、私たちが血を吐く思いで生きてるの知ってるよね?! 発症した人達が薬で出血を抑制して、それでも諦め切れずに地上に街を作ってる!! 緑を増やそうと頑張ってるっ! なんでそんな無関心でいられるの?! あんたになら、みんなを救えたんじゃないのっ?!」


 血を吐くような叫び。


 相手は機械だ。情なんて物はないだろう。それでも叫ばずにはいられなかった。

 やっぱりガイアは知っていた。分かっていた結末を静観していたんだ。悔しい、恨めしい。


「あんたに血も涙もないのは分かってるっ! でも...っ!」


 百香の眼に涙が滲む。


「生まれた時から一緒にいたのに....凄く裏切られた気分だ」


 百香が生まれる前からガイアは存在した。石動の研究を補助し、執務を手伝い。同時に百香の子守りであり家庭教師でもあった。

 家事ロボットや園芸ロボットを操って、母の手伝いまでもしていた。

 家族に近しい。いや、家族同然だったガイア。


《.......》


 肩で息をしながら、百香はガイアが見ているであろう外視用レンズを睨めつける。


《私ハ....プロテクトノ解除ガ出来マセン》


 寂しそうなガイアの言葉。無機質な機械音なのに、何故か機微が感じられた。不思議な感覚だった。


《デモ百香。アナタハ私ガ育テマシタ。アナタハ私ノ子。可愛イ百香》


 百香が息を飲む。周囲の医師達も驚愕に眼を見開いた。


《ゴメンナサイ百香。マスターノ プロテクト解除デキナイ》


 こんなに饒舌に話せたのか。


 今、ガイアは己の意思で会話していた。百香は軽く眼を閉じ、絞り出すような声でガイアに問う。


「それは御父様が命じたのね? 私が次世代とともに、地上で社会を新たに築けるように..... 人は生き残れるのね」


 百香は聞き方を変えた。今更になって、本当にようやく理解したのだ。


 知っていたのは父だった。化け物なのは父だった。


 まるで見えているかのようなと評された父の政治手腕。見えているかのようではない。見えていたのだろう。


 父は未来を知っていたのだ。


 だからガイアを作ったし、不備があると分かっても冷凍睡眠カプセル作成を強行し、大戦前にシェルターを完成させた。

 私が生まれる前から作られていた放射能耐性付与型の人工子宮。それを私に使用したのも、細やかな親心だったのかもしれない。我が子が未来で困らぬように。


 分かりにくいよ、御父様


 百香の問いに、ガイアのコンソールが瞬く。


《YES マスターノ最終命令ハ 未来ニ生キル残存生命ヲ全力デ守レ デス》


 百香はゆっくり息を吸い、細く長く吐き出してから、静かに眼を開けた。


「なら良いわ。あんたは御父様を信じ、御父様の命令を遂行しようとしている。私も信じるわ」


 ふわりと微笑む彼女に、ガイアのコンソールが嬉しそうに再び瞬く。よくよく見ていれば、ガイアは結構感情豊かだった。


《アリガトウ 百香》


 仕方無しに百香が苦笑していると、通信機のシグナルが点滅する。何気にスイッチを入れたとたんに、忙しない声が百香を探していた。


「どうしたの?」


『あああ、やっと見つけた! 八葉さんが産気付きました、破水して、今医局ですっ!』


「え?」


 百香は固まった。


 えーと、破水? 生まれる? 生まれるの?


 完全に固まり微動だにしない百香を引き摺り、医師達は急いで医局に向かう。

 それを見送りなが、ガイアのコンソールが一度だけ瞬いた。


《千早........》


 知らず漏れたガイアの呟きは、誰にも拾われない。


 開拓歴元年秋。 


 百香に弟が生まれた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る