第3話 メイドと戯れる

「ところでさ」


「はい、なんでしょうか?」


 物陰から俺をみているメイドさんは少しだけ小柄で


「ここってどこなの?」


「ここって、お城、ですが?」


 んん?? と頭を捻るメイドさんかわいい。

 金髪碧眼完璧美少女メイドさんは俺専属ではあるが、24時間一緒というわけではない。代わりにやってきた二人目のメイドさんはかなり警戒心が強いようだった。


「まぁ、お城っていうのはなんとなくわかってるけど」


「そうですか」


 と、そのまま黙り込むが瞳はしっかりと俺の方を向いていて

 じっと、大きな双貌が見つめてくる


「えっと」


「はい」


 返事だけはしっかりなメイドさん。

 しかし、タンスと壁の間に挟まって、体を隠そうとしているが

 大きな双丘は隠れきれず。


「何してるの?」


「壁になります。

 メイドはご主人様に認識されることなくお仕事をしないといけませんので。

 その点、ご主人様はかなり私を集中して見てきますので、隠れます」


「会話してるのは、大丈夫なの?」


「?? コミュニケーションは必要だと思います」


「そ、そうだよね」


 少しだけ、会話が噛み合わないが、

 それでもメイドさんはかわいい。


 常識人からは得られない成分がそこにはあるのだ。


「それでね、最初に戻るんだけど。

 この世界? って何と戦ってるの?」


「敵は人間です」


「ということは、ここは魔族の国?」


「はぁ?」


 と、呆れた表情を作るメイドさんは


「魔族はとっくに滅びてます。

 私は人間です。失礼ですね」


「人間同士の戦争でもやってるの?」


「はい。そうですね」


「まぁ、もう少し優しく、無知な人に教える感じで優しくさ、ねぇ」


「私、あんまり子供好きじゃないんです」


「俺が、子供に見える?」


「大人は物知りです」


「判断基準が曖昧すぎる」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る