…とは言ったものの……2!

長くなったので分割w


あとは……何だろうな…


・資格を取ってみる!


編集者は資格不問!

とはよく言われるのですが、倍率がすんごいことになっている職種なので、学校の成績で上位に食い込めない、そもそも有名大学ではないという場合は資格取得を目指すのも手かなと思います。

編集者としてあると便利だなーと思うのが…校正、アドビソフト、基本的なライティング能力(あらすじまとめ、キャッチコピー作成、本編の言い換え提示等ができる程度でOK)、あとは…本の各部名称くらい…かな? 

そういうのがきちんとできる…知識としてある証明があると、採用する側としては少し安心できるかもしれないです。他者と差をつけるためにも有利かなー。

(そういう面でも同人誌を作っていた経験っていうのは生きると思う。私は未経験だけどw(代わりにイベントスタッフのほうでちろっとお手伝いした))


・あとは…あとは……


よく笑い、よく食べ、いろんなことに興味を持って、明るくにこやかに学生生活を送る! かな。

間違っても、失敗しても、悔しくても、それを経験にできる人がいいと思う。

なーんて、偉そうやなーw


あ、そうだ。

人脈を広げると有利

というのはよく言われるんだけど、これは学生時代だと難しいかもしれないなぁ…

この場合の人脈というのは「有名な売れっ子作家、イラストレーターと懇意で連絡が取れる(もっと言うと、その学生がお願いすれば多少無理な案件でも快諾してもらえる)学生さん希望!」ということなので…単純に「○○さんをフォローしています!」「○○さんにフォローされました!」だけだとちょっと弱めじゃないかなと思います……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る