赤いきつねと緑のたぬきを一緒に食べてみた

作者 日々菜 夕

126

47人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

今回のお話。

そのまま実社会にも通用する、好例の物語。

自身のエゴで、麺種が違う『蕎麦』と『うどん』を無理矢理に政略結婚に持ち込む。
しかしその当事者の麺達、既に心に決めた麺の存在有り。


蕎麦と蕎麦。
うどんはうどん。


あくまでも権利はその当事者に有り。

ソッとしてあげましょう。


「因みに私は、蕎麦は盛り蕎麦。うどんは、単品冷やしうどん。
その時期が果たして真冬あっても..」

天麩羅、天かす、油揚げ、蒲鉾唐。
一切拒否。

★★★ Excellent!!!

某所で評判になっていた『赤いきつね』と『緑のたぬき』のミックス食い。
これを作者様が身体を張って実食して下さいました!

素直な感想が書かれていていいですね!
そこには忖度も何もない、そう、どストレートな感想。

これで何となくミックスした時の味は分かったのですが、それでもやっちゃおうかと思う自分がいる。
だって気になるじゃん、ミックスした味(笑)。
新たな扉を開いちゃう気がしますねぇ。

ありがとう作者様!!

★★ Very Good!!

一緒に作るとは。カップからはみ出しているのが想像できます。スープはどんな味だったのでしょうか? 気になります。
タイトル通り、一緒に食べてみた感想がこちらになります。
すごいチャレンジ精神に、驚きを隠せません。
でもやっぱりな結果でしたね。香りの違いなどもあるみたいでいい食レポです!