伝説の聖女の力に目覚めた妹から手紙が届きました

作者 はんぺん千代丸

70

29人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

大国ハイデミットの社交界で、王太子の婚約者として権勢をふるっていた公爵令嬢・ジョゼット。
しかし、その座は聖女の力に目覚めた妹・エルミーナに奪われてしまう。

王都を離れ、辺鄙な田舎の村に隠遁したジョゼットにある日届いた手紙は――なんと、王太子を奪った妹からのものだった。

一通の手紙をきっかけに、ジョゼットの、そして聖女エルミーナの運命の歯車が、音を立てて回り出す――。


読み始めた当初は、婚約破棄物かな、と思っていたのです。
社交界での権力争いに敗れ、辺鄙な田舎に追いやられた傷心の令嬢の物語なのかな、と。

……甘かったです。

大事なことなのでもう一度言います。

甘 か っ た で す ! !


序盤で見事に印象を引っくりかえされて、そこからはもう止まらない! ジェットコースターのように繰り広げられる怒涛の展開にもう……っ!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ु⁾⁾

ネタバレになるので詳しくは書けませんが、ぜひとも他の方にも、私が感じた衝撃を味わっていただきたいっ!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ु⁾⁾

だまされたと思って、読んでみてください!(≧▽≦)

……あと個人的には、「に見せかけた別の何か」のタグが仕事しすぎだと思います(笑)

何のことが気になった方はぜひぜひお読みくださいませ~!(*´▽`*)