赤と緑

作者 石濱ウミ

すべてのエピソードへの応援コメント

  • へのコメント

    こんばんは☆

    「紙型タブレット」。

    この表現がどストライクにハマってしまいました!すごい!私もこんなの考えてみたいです!

    !マークだらけなので、ちょっと落ち着きますね。

    お互いに思いあって、すれ違ったように見えて思いあってる素敵な2人でしたね。

    それにしても、SFあり、恋愛あり、で面白かったです(^^♪

    作者からの返信

    アキヲさま

    こちらにも、お越しくださいましたこと誠に有難うございます!!
    嬉しいです〜。
    真面目に不真面目な感じで、書いておりました。
    カップ麺型の宇宙船です。
    UFOと言いたいのに言えないのは、大人の事情に酌みしてみました…会社が違うせいです。

    お読み下さいまして、ありがとうございました!!!

    2022年1月18日 08:08

  • へのコメント

    星間戦争という大規模な波乱の中、離れ離れになりながらも結ばれた2人、素敵ですね。互いを思いあった赤緑の決断もまた、素敵です。

    作者からの返信

    音茶さま

    はじめまして。

    温かなコメントを、ありがとうございました。

    赤いきつねと緑のたぬきの少し変化球のお話でしたが、素敵とお褒めの言葉を賜りまして、照れながら喜んでおります。

    また、沢山のお星さま☆を、ありがとうございました。
    重ねて御礼申し上げます。

    2022年1月14日 21:12

  • へのコメント

    おおー、赤いきつねと緑のたぬき企画に参戦してたのですね。
    書こうかなと思いつつもやめてましたが、こういう色んな形がありますよね。

    そして、そんな大団円ムードの中で無粋かもしれませんが「赤緑戦争の締結」は終結か、終戦条約の締結なのかなと思いました。

    作者からの返信

    アクリル板Wさま

    ありがとうございます。

    ふふ。そうなんです。真面目に不真面目な、こちらの作品と王道路線で参戦しておりました。

    両方をお読みくださりまして、ありがとうございました。
    さらには、お星さまを賜りましてありがとうございます。

    おお!さすがアクリル板Wさまでございます。
    そこを突っ込まれるとは!! 
    (正直に申し上げますと、ざっくりしか考えてなかったのがモロばれでしたネ・汗)
    おそらく終戦条約の締結にございましょう…湯を沸かす火種は、そこかしこに、ございますもの。
    ってのは、どうでしょう。
    でも大団円とくるならば終結でないとなりませんねー。
    むむう…ここは一つ読者の皆さまのご想像にお任せいたします(早足で逃げ去る作者でしたw)

    お読みくださりましてありがとうございました!!

    2021年12月21日 22:37 編集済

  • へのコメント

    赤と緑に世界が分かれる!ぶっ飛んだ展開ですが、ラストがなんとも暖かくて良いですね……✨
    ストーリーのぶっ飛び具合と暖かな幸福感のバランスが絶妙で、素敵でした。面白かったです!(*´꒳`*)

    作者からの返信

    aoiaoiさま

    ありがとうございます。

    ふふ。
    コンテストに参加作品なのにもかかわらず、空にカップ麺型の宇宙船やら、きつね型宇宙人の匂わせばかりでカップ麺が出てこない(笑)ぶっとびストーリーに、お付き合い頂きありがとうございました。

    さらには温かなお言葉を賜わりまして、嬉しく胸をほっこりさせております。えへへ。

    お読みくださりまして、ありがとうございました!

    2021年11月29日 19:53

  • へのコメント

     ウミ様
    やはり、あなたは只者では無い。
     何というSF
     何という愛
     何という発想
    旨味が凝縮された物語とコシのある人物像!
    いやあ、大盛りクラスに満足させて頂きました。
     本当に素晴らしい作品を有難う御座います♪

    作者からの返信

    なかとサマ

    ありがとうございます。

    わわっ!?そのように過分なまでの、ふっくらお揚げのようなお褒めの言葉を賜わりまして…照れてしまいます〜。 
    真面目に不真面目な感じでカップ麺型の宇宙船を空に飛ばしてみました。えへへ。

    こちらこそ、お読みくださりまして、ありがとうございました。

    2021年11月25日 18:06

  • へのコメント

    UFO「……オレも候補に入れてくれ」

    (´Д`)「いや、あんたメーカー違うやん」



    真面目に不真面目な感じ、いいっすね
    (*^^*)

    作者からの返信

    シロクマKunさま

    ありがとうございます。

    おおっ!
    気づかれましたか!
    ふふ。
    本当は赤と緑のUFOと書こうとして…はた、と。
    メーカー違うから、ここは宇宙船にしておこうか…としたのでした。

    賜わりましたお言葉、嬉しく励みになります。
    お読みくださりまして、ありがとうございました。

    2021年11月25日 11:09

  • へのコメント

    赤と緑の宇宙人たちは、地球で大切なことを学びましたね。
    ひとりの女性の手紙が世界平和を叶え、ひと組の素敵なカップルを誕生させました。
    いえ、世界中にそんなカップルがいるのかもしれません。相手の好きそうな方を選んで離ればなれになり、また一つになったカップルが。
    彼女さんは世界中のそんなカップルの救世主ですね!
    カップルカップル言ってますが、このお話では例のカップ麺を食べるシーンが出てこないのも斬新だと思いました。食べなくても、温かな幸せを共有できたラストにうるっときました。
    面白かったです!

    作者からの返信

    霧野さま

    ありがとうございます。

    ふふ。
    コンテストに投稿するモノでありながら、匂わせはあってもカップ麺そのもは出てこない…というお話でございました。

    変化球過ぎたかな、とも思いましたが、皆さまの温かくて美味しい物語をたくさん啜り胸が暖まった頃なら、こんな物語もまた一興と感じてくださったら幸いに存じます。

    霧野さまに賜わりましたお言葉、大変嬉しかったです!!

    お読みくださりまして、ありがとうございました。

    2021年11月25日 11:06

  • へのコメント

    ラストシーンで胸が温かくなりました。
    まるで、緑と赤のカップ麺を食べたかのようです。

    作者からの返信

    肉級さま

    ありがとうございます。

    気づかれてしまいましたか(笑)
    ふふ。
    カップ麺のコンテストのお話なんですが、そのモノが出てこないという(笑)
    賜わりましたそのお言葉に、こちらこそ、とても嬉しい気持ちで胸を温かくしております。

    お読みくださりまして、ありがとうございます。

    2021年11月25日 09:48

  • へのコメント

    石濱ウミ様

     いやーん♡ 最後のお惚気がいいですね~(#^.^#)
     お互いのことを思って選んだ結果が離れ離れ、それはとてもショックだったと思いますが、だからこそ、二つの戦いを終結させて一緒に過ごせるようになりたいと、彼女は手紙に託したのかなと思いました。
     いつでも、戦いを終わらせる力は愛なのでは無いかなと思わせてくれる最後、素敵です。
     そして、白黒が赤緑になった世界も、それはそれで面白いなあと、ことわざが変わったり、世の中の常識が変わったりするのもまた楽しめる心の余裕が欲しいなと思わせていただけるコミカルさも楽しかったです。

    作者からの返信

    涼月さま

    ありがとうございます。


    お互いを思ってのすれ違い。

    おそらく涼月さまのおっしゃるように、手紙に書かれていたのは素直な気持ちだったのかもしれませんね。

    カップ麺型宇宙船が空を飛ぶ世界のSF。
    こちらまでお読みくださりまして、ありがとうございます〜。

    2021年11月22日 17:09

  • へのコメント

    面白かったです!更にSF的な要素を盛り込んだら長編大作にもなりそうな、しっかりした骨格を感じました!赤とは何か、緑とは?色彩と波長との関係性、きつね型宇宙人とたぬき型宇宙人との確執の原因、小麦文化と蕎麦文化。色々と広がりそうだなあ、とひとりにやにやしてしまいました~

    作者からの返信

    呪文堂さま

    ありがとうございます。

    おおっ!なるほど確かに。
    呪文堂さまに言われて、ポロリと目から鱗が…。そのように世界観をきちんと考えてゆくと長編になりそうですね。
    物語の生み出し方の大切さ、広げかたを教えて頂きました。

    そしてまた、何よりも呪文堂さまに賜りましたこのお言葉で自分の至らなさにガツンと気づきました〜。
    ありがとうございます!!

    それはつまり、私、感覚でしか書いていないんだ…ってヤツです(汗)
    この作品もSFが書きたいな赤と緑なら『僕たちは離ればなれ』ってどうかな? と書き始めたくらいのもので、実はぶっちゃけてしまいますと呪文堂さまにお褒め頂いた『しっかりした骨格』なんて、ないのです…。スミマセン泣

    だから、作品が長くなるとフラフラしてしまう、それは悩みじゃなくて私の「ぬるさ」でした。
    どの物語も骨格がきちんとしていない、先が見えていない、物語の軸を感覚で書いていたらそりゃ破綻しますよね。

    短編は読者に甘え、読んで下さる方の想像力によって助けられ、誤魔化せるけれど長編はそうはいかない。
    自分の構築する世界が緻密でなければ中に入った途端、読者にハリボテであることに気づかれてしまう。
    …ですよね〜。
    やばいデス。
    気づくのが遅すぎる…。
    いや、遅くても気づけて良かったです。
    ありがとうございます!!!
    凄く勉強になりました!!!

    これからは感覚だけでなく「それならこの世界はどんな世界なのか」ともう一歩も二歩も踏み込んでから書くようにしたい…と決心を新たに致しました。

    温かなコメント、ありがとうございました。
    よーし、頑張りますゾ。



    2021年11月22日 11:49 編集済

  • へのコメント

    こんにちは。おおっ、まさか赤いきつね緑のたぬきで、こんな発想があるとは!
    愛ですね。最後はまさかの愛笑 争いを鎮めるのは、いつの世も愛です。面白かったです。

    作者からの返信

    小林勤務さま

    はじめまして。

    こんにちは。

    この度はカップ麺型宇宙船から始まる、おかしなところ沢山のS少しFふふっとな拙作に温かなお言葉を、ありがとうございました!!
    愛があれば、それでマルっと良しでございますよね。ふふ。

    2021年11月21日 22:31

  • へのコメント

    参考がてら読書でもしようと思ってたら知ってる名前が見えたので^^

    まるで「賢者の贈り物」を彷彿とさせるストーリー。
    短い文字数のなかにキッチリとメッセージが詰まっていました。
    お揚げに染みたおつゆのように。
    じんわりと心があったまりましたw

    作者からの返信

    真野さま

    ご無沙汰しております。
    だんだんと、冬が近づいてまいりましたね。

    お揚げのように甘く温かなお言葉を賜りまして、ありがとうございます。

    ふふ。円盤型宇宙船…とか
    カップ麺が空を飛び交い、きつねやらたぬきやらの宇宙人。
    そんなお話に「賢者の贈り物」とは勿体ないまでのお言葉を…スミマセンw

    お読みくださりまして、ありがとうございました〜!!

    2021年11月21日 17:07

  • へのコメント

    まさかのSF仕立て。
    やはり甲乙つけがたく、争いのタネになるものではないですね!

    作者からの返信

    関川さま

    ありがとうございます。 

    ふふ。
    まさかの円盤型…カップ麺型の宇宙船が空に浮かぶ世界でした。
    どちらも選べるからこそ、迷うことの出来る幸せもありますものね。

    2021年11月20日 20:31

  • へのコメント

    対立する壮大な宇宙戦争から、きゃーっな落としどころがまたコミカルで面白かったです。高橋留美子さんに漫画にしてもらいたいですね☺️

    作者からの返信

    石田さま

    ありがとうございます。

    突っ込みどころ満載の、くすっとSFでした。円盤型宇宙船とか、赤いきつね型宇宙人ってネ(笑)ふふ。

    2021年11月19日 20:28

  • へのコメント

    この内容で、目から汗が零れるなんて……。
    すごく良いです!(語彙喪失)

    作者からの返信

    ありがとうございます。

    塩分の排出は、大事ですよね。
    ふふ。

    2021年11月19日 17:05

  • へのコメント

    こんなに壮大なお話をこの文字数で描けるなんて…!
    すっごく面白かったです!

    作者からの返信

    ありがとうございます。

    SF(少し、ふふっと)な、世界をお送りしております。ふふ。

    2021年11月19日 16:22

  • へのコメント

    裏をかくというのは多々あるものですね。
    すれ違いの赤緑戦争が終結となって一安心ですな★★★

    作者からの返信

    ありがとうございます。

    裏をかくと外れる。
    何故なんでしょうね。
    不思議です。

    2021年11月19日 12:41

  • へのコメント

    好きです!
    (突然の告白)

    作者からの返信

    どきどきーん☆!!
    (赤らむ頬)

    ありがとうございます。
    むふふ。

    2021年11月19日 12:39