朔の向こう側へ

作者 星のお米のおたんこなす

165

57人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 まずこの作品の良いところは、救いがないという点にあるだろう。読者によっては救いやハッピーな展開はあるのでは?と思うかもしれないが、私はこの作品に登場するキャラクターには救いがないと解釈した。
 そして世界観の設定。読み始めはありがちなファンタジーもの、という印象を受けるが、読み進めていくうちに緻密に作り込まれたものというのがわかる。著者の語彙力を伺うことができる。著者は、文豪の生まれ変わりか何かなのか?一度会って頭の中を覗いて見たい。
 面白い、という感想でしかこの作品を表現できない自分のボキャブラリーが恨めしい

★★★ Excellent!!!

すげー神作!自分の伝えられる語彙がないのがすげー残念だわ。緊張感のある展開や、ほのぼのした所など、鮮明に伝わってくる。難しいと思うところもあるけどはまったらやめられない!こういう系はあまり手をつけてこなかったけど、初めて読んだ俺で熱中しちゃうほどだったからみんなも読むことをおすすめします

★★★ Excellent!!!

二十一本目まで読みました。

凄い熱量ですね!
暗くて恐ろしい設定ながらも、テンポの良い展開と熱いバトルと軽妙な会話でスルッと楽しく読めました。

ほぼ常にギャグを挟んでくるというのがまあ恐ろしいですね。
どうしてそんな真剣なところでギャグを挟んできた挙句に面白いしテンポが落ちないままなんですか? と何度も電話猫状態になりした。

特にセオドシアがウザ可愛いのが良いですね。どんな状況でも彼女がウザ可愛く覆してくれるだろうという安心感がいつの間にやらできて、読みやすかったです。
でも、私の推しはパジェットさんです!
強くて格好良くて誠実で大好きです……!