クモリ様を曇らせたい~ひとり寂しそうにしていたのじゃロリ神様に構ってあげたら懐いてきて天真爛漫な笑顔を向けてくるものだから、ドSの血が疼いた僕はその笑顔を曇らせて汚したくなった件~

作者 龍の鱗

24

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?