人はそれを玉手箱と呼ぶ

作者 maru