呪いで性別が反転した守護役、正体を隠して幼馴染の殿下をお守りする。

作者 大宮 葉月

19

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?