ある幸せな犬生

 タイトルでは【幸せな】と言う言葉を入れてはいますが、本当にが幸せだったのかどうかは分かりません。






 うちでは2頭の犬を飼っていました。


 茶色の犬と白茶の犬。

 (何の犬種かは黙秘します)



 白茶は茶色の3年後輩です。






 ある時、白茶が病気になりました。


 動物病院で診てもらいました。症状は重く、お医者様も浮かない表情です。






 それからの白茶は毎日苦しそうで、食欲も日に日になくなっていきました。






 気分転換に一度だけ犬用のバッグに入れて散歩に出かけ、外の空気を思い切り吸わせました。


 その時に初めて、プレゼントした白茶の名前入りの首輪を付けてあげました。


 首輪をしたのは、その日が最初で最後でした。






 ある日お医者様に言われました。


『この子は助からない』


 帰りの車の中で母と泣きました。






 そして彼女は天国に旅立ちました。


 自身の誕生日の7日後に病気になり、平成27年7月7日に、たった7歳の生涯を終えました。






 彼女の最期は、ラッキーセブンでいっぱいでした。




何となく私は勝手に、


『わたしは幸せだったよ』


と言ってくれているのかなと思っています。






 彼女の首輪は今でも大切に飾られています。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

【短編集】スピリチュアルな個人的呟き 三澤愛世 @SNOWPIG

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ