詩 自由詩人 生命の詩集 

作者 木村れい

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第51話 痛みに耐えて。へのコメント

    これ程ダメージを受けていたんですね。
    あまり無茶はしないで下さいね~。

    作者からの返信

     誰によりダメージ受けたかは言えませんが潰れそうになりました。淡々とやることをやります。人事を尽くして天命を待つ。

    2021年12月8日 02:58

  • 第38話 キャッチボールへのコメント

    この詩、俺なんか、男と女性の交尾の比喩法だと勘ぐったよ。
    男目線ね。


    男って、目的果たしたら、急に人格変わるからねえ。

    最後の『ピュー』なんて、モロに男のイッタ後を、上手く描写してるぜ。

    作者からの返信

    宇宙店主さん、ピュ一は、風ですよ。

    風といえば、やはり北風小僧の寒太郎ですよね。
    ヒュルん、ヒュルん、ピュルルンルンルンルン。冬でござんすヒュルルんるるる。

    で、ビュッ、シュルシュル、ズバンがボール。


    射精なら、元気に、ピュッピュッかなあ。
     僕は比喩はないっす。何も考えていません🤔

    2021年12月4日 11:36 編集済

  • 第44話 わからない夜。へのコメント

    失礼します。自分の中で「優しさ」が何なのか考え続けて、未だに分からないままです。
    木村れい様の詩の一つにおっしゃった「他者理解」がその一つにあるとしまして、ではどのように行動することが優しさなのか...と考えてしまいます。

    ...きっと優しさは頭で考えることではなく、自然と表れるものなのかもしれませんね...。

    作者からの返信

     葛様
     コメントありがとうございます。う〜ん。難しい。

    2021年11月15日 23:19

  • 第36話 雨へのコメント

    おっ、今までとちょっと違う方向できたぞ!

    …と思ったら、宇宙店主さんのコメントに噴き出してしまいました。笑

  • 第31話 もてないへのコメント

    失礼します。
    「モテること」と「愛されること」は違うと聞きます。
    が、せめてまずモテないと(自分を知りたいと思ってもらわないと)、愛し愛される関係に行き着かない気もします...。

    作者からの返信

    葛さま。
    ポイントは他者への興味関心ですね。知りたいとお互いに求め合わないところには、愛には繋がらないなと最近に、なるほどに、よくよくわかりました。自分にしか関心がないひとが一杯世の中には居ますね、

    2021年10月24日 17:31

  • 第29話 優しい眼差しへのコメント

    失礼します。私の解釈です。

    「素直でいる」ことは自分の気持ちを大切にすることですが、「いいなりになる」ことは思考停止なのだと思いました。

    作者からの返信

    葛様
    同感です。
    ただし、私は言葉選びに「思考停止」だけは激しく使わない主義なんです。まあ思考停止なんですが、思考停止の人には思考停止と言いません。
    馬鹿にバカとは絶対に言わないのと同じ使い方です。頭がいい人にはバカと言います。

    2021年10月24日 17:34

  • 第18話 落ち込みへのコメント

    失礼します。
    「人生の本質は出会いである」
    すごく真理をついている言葉だと理解はしております。
    が、まだなかなか受け入れられないですね...。それを受け入れられる自分になるまで待ちたいです。

    作者からの返信

    出会いは、苦しみも悲しみも幸せも喜びも出会いです。どのあたりに受け入れにくいのかぜひ、またお聞かせください。ありがとうございました。

    2021年10月24日 17:37

  • 第27話 なぜ生きるのかへのコメント

    『第27話 なぜ生きるのか』


    解答。
    生きているからです。

  • 第37話 命へのコメント

    今の道、引き返しなさい。

    チョット感情移入が過ぎます。


    引き返した所の一番右側の小径。お勧めです。

    作者からの返信

    そうですか?
    詩をまじめにカク瞬間に感情移入するだけです(。•́︿•̀。)

    2021年10月23日 17:35

  • 第36話 雨へのコメント

    新しいカッパを買いなさい。


    穴が開いて、水が漏れていますね。

    作者からの返信

    カッパを着ない主義、かつ、大雨でない限り傘をささずに濡れる主義です。カッパを着ないのは、なんかかっこ悪いのと、傘は持つと100パー忘れてくるからです。
    ナイロンのチャンピオンのスタジアムジャンパーは着ます🐱
    しかし沢山コメントしてくれて嬉しいです。

    2021年10月23日 16:53 編集済

  • 第35話 私の好きな短歌へのコメント

    ソレはあくまでも、貴方の食生活と、生活習慣次第ですね。

    ナニからナニまで神様のせいにしてはイケマセンよ。

    地球人の悪いクセですね。



    神様

    作者からの返信

    はは。私は神頼みは本来はしないのですが、稀ケースです。言うなれば、一般化です。今日一話書いたら歩くかなあ😀

    2021年10月23日 16:49

  • 第32話 眼へのコメント

    たまにその視線がキツイ日もあるから、サングラスをする日も、設けてくれる?


    別に貴方の事がイヤになった、とかじゃ無いよ!

    ..ウン..。

    多分、更年期障害..。

    作者からの返信

    えっ?キツイ?誰が?私が?
    一般論?(笑)

    2021年10月23日 16:46

  • 第4話 涙へのコメント

    気持ちが もう 文章に 込められているのが ヒシヒシと伝わってくる

    こういう 文章は 読む人を ぐっと引き寄せる。 気持ちで魅せて ますから!

    作者からの返信

    返信してませんでした。
    すみません。この詩はいい。
    だいぶ時間たち客観的みて、
    実に自画自賛ですが、よく書けたな、そんな思いの奇跡の詩です。

    2021年11月10日 01:27

  • 第31話 もてないへのコメント

    もてたいと思っているうちはもてないという話もありますね。

    作者からの返信

    わは(笑)ですよね。コメントありがとうございます。気楽にコメントください。モテたくありません!

    2021年10月11日 21:28

  • 第21話 同志よへのコメント

    仲間や同志に囲まれて好きな小説を書く、お互い頑張り良い作品が多くの読み手の方々に届くといいですね!

    作者からの返信

    まーくん(さん)ありがとうございます。まーくんさんはランキングがおっ!ってびっくりしました。名前が素朴🙄今後とも宜しくお願いします。京都を彷徨う木村です。

    2021年10月9日 14:16 編集済

  • 第3話 怒りへのコメント

    文章の区切りが一行一行、気持ちがよく伝わる様に区切られていて、凄い区切り方が上手いって感じる作品です。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    確かに言われてみたら長所はそこかなと。ありがとうございます😀

    2021年10月9日 14:19