第42話 最適解の模索


「な、センパイ、一体どこから現れたっスか!? も、もしかしてセンパイは孫〇空みたいに瞬間移動の術が……」


「七瀬、少し静かにしてろ」


 一度は落ち着いていたはずの七瀬だが、怒涛の展開が続いたからか完全なパニック状態に陥っている。一方ガラの悪い男たちは打って変わって七瀬とは対照的に静かに落ち着いているようだ。


 どうやら、俺の力量を気にしているらしい。急だったとはいえ、変な避け方をしてしまったのが仇になったようだ。


「おいガキども、ここで何してる?」


「……」


「さっさと答えんかいボケェ!!」


 一見怒りに染まているように見えるが、その瞳には冷静さが伺える。どうやら暴力的な印象を俺たちに刻み込みたいらしい。恐怖による場の優位性を獲得することが狙いだろうか。だが、少なくとも俺には通じな……


「……ガタガタ」


 いや、後ろにめちゃくちゃ効いてるやつがいた。いつの間にか俺の肩を掴み、ひょっこり顔を覗かせている。というか、肩に食い込んでいる爪が地味に痛い。


「まあ、さっきの話を聞かれたことが知れたら、ワシらがうちのお嬢に殺されるんだわ。とりあえず大人の話でもしようや、ガキィ?」


 そう言って、じわじわとにじり寄ってくる木刀を持った男。その右手には強めに握られており、いつでも木刀を振り下ろせる姿勢を保っている。


 対する俺は学校帰りの丸腰で、後ろには身体能力が高いが怯え切っている女子が一人。うん、完全に足手まといだ。状況は客観的に見れば最悪といったところだろう。


(……というか)


 今すぐにでも逃げてしまえばいいのではないだろうか。後ろには囮にするのに最適な少女がいる。彼女をこの場に残して、自分一人だけ逃げる。必要なら、彼女に何かしらの枷を与える……とか。


(うん、それがい……)


 そう考えた瞬間だった。


「こ、来ないでほしいっス!」


 今までずっとパニック状態だった七瀬が急に強気で喋り始めた。おそらく俺の後ろに隠れたことで何とか落ち着きを取り戻したのだろう。手には可愛らしいスマートフォンが握られている。


「こ、この場のやり取りは途中からだけど全部録音してるっス。それ以上近づいてきたら……」


「ハッ! 今更そんなものにビビる俺たちじゃねぇよ。証拠を残そうものなら、俺たちや俺の仲間たちがてめぇのことを永遠に追いかけ続けることになるぜ?」


「ううっ……」


 永遠に追いかけ続ける。その言葉にたじろいでしまったのか彼女は少しだけ体がふらついてしまう。そしてそれを好機と見たのか、男は俺たちとの距離を一気に詰めた。


(……ちぇ)


 彼女の思わぬ発言に思わず気を取られてしまい、完全に逃げるタイミングを逃してしまった。不本意だが、身に降りかかる災害は取り除かなければいけないだろう。結果的に後ろの少女を助けてしまうというのが少し気に食わないが、自分に影響が及ぶのなら話は別だ。


 距離を詰めてきた男は木刀を持つ右手とは逆の左手を俺たちに延ばしてきた。どうやら、最初の狙いは俺のようだ。女より男を警戒し先に手を出そうとするところはある意味テンプレ通りだ。


 いや、むしろ女より先に男に手を出すという時点で良心的なのかもしれない。普通の相手なら、女を人質にされてしまえば動きにくくなる。

 まあ、仮に七瀬があいつらに捕まったとしても俺は暴れることができるし、場合によっては逃げてしまうが。


「……」


 俺は意識を集中させる。男の手が俺に及んだ時に、完璧なタイミングでカウンターを繰り出すためだ。この体制から放つことができるのは、右手によるフックか、右足を使った蹴り技だろう。


 左肩が不本意にも七瀬に捕まれてしまっているので中途半端な一撃しか繰り出せない。後ろを確認しようにも余計な時間はもう無くなってしまった。だから……


(あと……2秒)


 必要なのは、極限までの集中力。どのタイミングで動けばいいのか。どの位置に攻撃を加えればいいのか。一つでも間違えると命取りになる。だから、余計な情報をできる限り削ぎ落とす。


(あと……1秒)


 そして、とうとう男の手が俺の肩に触れようとしていた。右手を使っても拘束される恐れがあるので、この瞬間に攻撃方法をフックから蹴りに切り替える。右足に密かに力を入れ、そして……


 ドゴッ


「ふがっ!?」


 男の顔面に綺麗な蹴りがめり込んだ。ただし、俺のから放たれた蹴りだった。


「「なっ!?」」


 後ろで見守っていた男たちはそろって驚愕に顔を染めていた。あまりにも予想外のことが起きたからか、変な声が思わず漏れ出ている。


 そして


(こいつ、マジか)


 俺は俺で驚いたのを冷静に隠し、今目の前で起きた現象について分析する。そう、俺は蹴りどころか、男に攻撃をしていない。攻撃は、俺の左後ろから放たれたのだ。ピンと伸びた綺麗な足が、空中でピシッととどまっている。


「……」


 七瀬が、男の顔面に綺麗な蹴りを入れたのだ。男は鼻血を流しながらそのままきれいに倒れこみ、静かに気を失う。息をしていることから、大事には至っていないようだ。きっと彼女が手加減をしたのだろう。


「じ、自分たちに乱暴するつもりなら、こっちも全面戦争の構えっス! うちのセンパイを舐めないでください!」


 よく見ると、後ろの七瀬はめちゃくちゃテンパっていた。きっと無意識に攻撃を繰り出してしまったのだろう。自らの身に危険が及びかけていたからか、俺のことを守ろうと思ったからかはわからない。ただ、七瀬は完全におかしなテンションになっており、目もグルグルだった。


「こ、こいつらっ……」


「おい、やるぞ」


 残された二人は警戒を最大限にしながら俺たちの方へにじり寄ってきた。そこには、もう油断や侮りなどの感情はない。どうやら大人たちを普通に怒らせてしまったようだ。


(こんのっ、大馬鹿女めっ……)


 想定していたプランが大きく狂ったことにイライラしながら、俺は自分の肩を掴む七瀬の手を掴んですぐに走り出す。


「逃げんぞ、馬鹿野郎」


「え、ちょ、センパイ!?」


 いきなり手を掴まれたことに驚いたのか、七瀬は動揺してものすごくキョドリ散らかす。だがすぐに俺の考えを汲んでくれたのか、女子とは思えないほどの速度で路地裏を走り出した。


「なっ、待ちやがれクソガキども!」


 俺たちが逃げようとしていることに気づいたのか、二人の男は仲間を置いて全速力で追ってくる。だが、走る速度は若い俺たちの方が上のようだ。というか、最初から逃げていればよかったのだ。


「す、すみませんセンパイ」


「反省会は、後でみっちり開いてやる」


 どうやらこの女にはいろいろと説教が必要なようだ。普段は無気力を貫いている俺だが、なぜだかこの女を見ていると妙な気分になる。まるで昔、似たようなことがあったような。



 そして俺たちは一気に路地裏を抜けた。眩しい光が一気に差し込むが、そんなことに構わずがむしゃらに走り始める。


「センパイっ、駅の方なら人が沢山いるっス!」


「ま、それしかないよな」


 人が山のようにいる駅周辺ならあの男たちに追いつかれても手を出されないはず。うまくいけば人混みに紛れて撒くことができるかもしれない。そう考えた俺たちは真っ先に駅の方へと向かっていた。ちなみに手はもう離してある。


(こいつ、俺の全力疾走についてこれるのか)


 結構なりふり構わず走っているが、七瀬は俺の走りに顔色一つ変えずについてこれている。こんなこと、恐らく新海でもつらいだろうに。新海に並ぶかもと思っていたが、七瀬の身体能力は新海をやや上回っているのかもしれない。


 そんなことを考えながら、俺たちは人混みを目指して走り続けた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る