コーヒーブレイク・ブロークン

作者 一宮けい

電灯泡」への応援コメント

このエピソードを読む

  • なんたる空中戦。現代はSNSがあるぶん、よけい複雑でしょうね、こうした身近な人間関係での恋愛は

    作者からの返信

    凪海帆風様

    そうなんですよね、その頃のわたしにとっては、知りたくないことも知れてしまうSNSはちょっとした毒でしたね(;´∀`) 

    2021年12月20日 00:13 編集済

  • いや、すごいですね。これエッセイですよね。
    それなのに、この文学的な表現のオンパレード。すばらしい!

    気づかなかった三角関係の痛みが、ハルピンのすんだ空気が肺に流れ込む痛みにリンクする。
    青春時代にしか味わえない無垢な痛みですね。

    作者からの返信

    澄田こころ様

    もったいないお言葉、ありがとうございます!はい、すべて実体験です😂

    そうですね、心の冷たさを体の冷たさと一緒に表現したかったので、伝えられたようでよかったです。

    >青春時代にしか味わえない無垢な痛みですね。
    素敵なお言葉での表現、なるほど〜と思って読みました。無垢な痛み、そうですね!

    2021年11月6日 20:59

  • 良いとか悪いとかではなくて、
    やな感じ
    ですね。
    釈然としない感というか。
    あっちに優しくするならこっちに突っかかってくるなよと言う……

    作者からの返信

    @fts01様

    本当にやな感じですよね~(´;ω;`)

    まあ、期間的に半年は経ってますので、問題はないのですが…誰でもいーんかって感じでした。

    2021年10月24日 21:08

  • そうですかあ。

    やな感じ――ですね。

    だれが悪いわけではないですが、やな感じ。
    すっごく分かりますよ~

    作者からの返信

    藤光様

    そうですよね、後味悪いですよね~(´;ω;`)

    >だれが悪いわけではないですが、やな感じ。
    そうなんですよ、余計に行き場がないんですよ。

    >すっごく分かりますよ~
    良かった~、共感してくれる人がいて!

    2021年10月24日 19:58

  • 小貝ちゃん健気ですね。可愛いですねえええ!
    からのこの展開。
    やりますな。

    作者からの返信

    小濱様

    ですよね!わたしも小貝のその考え方めっちゃ好きでした。
    わー、うれしいコメントありがとうございます!やりました!

    2021年10月24日 18:33

  •  二股ってワケじゃないっすよね?
     まぁ、その時の翼くんがいるから、今の翼くんがいるのか。(会った事ないけど。笑)

     ただ、なんか、そういう疎外感は、色んなシーンでありますよね。

     そういうリアルさが、エッセイの魅力なのかもしれない。

    作者からの返信

    Y.T様

    違う違う笑 そもそも私と翼は付き合ったことないし、これは天に誓って。
    今も翼はどこかで生きてますよ笑

    疎外感や伝わらなさかリアルに書けたら、そういう思いをしてる人と「そういうことあるよね〜!」て笑い合えるかもしれません、それって素敵☺️

    2021年10月24日 18:21