コーヒーブレイク・ブロークン

作者 一宮けい

お勉強時間」への応援コメント

このエピソードを読む

  • キンキン、トキトキ、言いますねえ。ちなみに親戚の子が三河在住で人工内耳入れてますよ。ろう・難聴の人でも聞こえや音楽の趣味は色々ですね。故・高村真理子さんは自分で弾く楽器ではアコースティックギターが一番好きだとおっしゃってました。

    作者からの返信

    凪海帆風様

    言いますか?( ゚Д゚) あら、お会いしていたら面白いですね。
    >ろう・難聴の人でも聞こえや音楽の趣味は色々ですね。故・高村真理子さんは自分で弾く楽器ではアコースティックギターが一番好きだとおっしゃってました。
    そうですね、難聴の聞こえ方っていうのも十人十色なんですよね。高村さんのことも初めて知りました。アコースティックギター、高村さんにはどう聞こえていたんでしょうか。

    2021年12月20日 00:02

  • 聞こえ無くても聞こえてる人と同じようにピアニカの勉強をすると言う言葉に、文章にも出てくるように聞こえないのにどうやるんだろう?と思ったけど、体全体で感じたりは確かに出来るなと、文章を読んで思いました。人間なんでもやればできない事ないんだな、できないならできないなりのやり方や感じ方があるのだなと考えさせられる自分自身をもう一度見つめ直す機会を与えてくれる作品だと思います。

    作者からの返信

    まーくん

    コメントありがとうございます!
    そうですね、体で感じることもできますし、これがその子にとって最後のピアニカでも経験したってことが、その子自身において大事なんだろうと思います。

    > 人間なんでもやればできない事ないんだな、できないならできないなりのやり方や感じ方があるのだな
    まさにわたしが思うろう教育ってそういう意図で行われてるのだと考えいます😁

    >自分自身をもう一度見つめ直す機会を与えてくれる作品だと思います。
    そういってもらえると書いた甲斐がありました☺️

    2021年10月9日 00:52

  •  先日は失礼致しやした。

     手話って、一言一言に必ず、動作をつけなければいけないので、一気に早口で喋れる様な、口語に比べて、ハンデがありますよね。

     そのニュアンスで、我々と同じように、『口』から、言葉を発するとなると、やはり、直接的な言葉遣いになるのかも。

     文章の文字数が多くなる、英語、の様な言葉を使う人達が、日本語で話すことにも、通ずる部分がある様な気がします。

    作者からの返信

    Y.T様

    いえいえ!わたし実は読むのが苦手で…逆に気を使わせてしまってごめんなさい。でも嫌われたくない人って書いてあったの見た時、嬉しかったです☺️

    >手話って、一言一言に必ず、動作をつけなければいけないので、一気に早口で喋れる様な、口語に比べて、ハンデがありますよね。
    そうですね、話を聞くとやっぱり体力手にも消耗するみたいですね。

    >そのニュアンスで、我々と同じように、『口』から、言葉を発するとなると、やはり、直接的な言葉遣いになるのかも。
    そうそう!そこの影響もあると思います。

    >文章の文字数が多くなる、英語、の様な言葉を使う人達が、日本語で話すことにも、通ずる部分がある様な気がします。
    あ、そっか!英語は長くなる分、より端的な表現を好みやすくなるってことですね。似てるなあ

    2021年9月21日 19:59