第2話 猟師からの手紙


私の兄は城にも出入りしてる猟師だ。

王女様に呼ばれる時や、城の周りに危険な動物が出る時に備えて城の中に住んでいる。

家族に仕送りや、獲物の毛皮なんかを手紙と一緒によく送ってくれる。


私は兄からの手紙をいつも楽しみにしていた。

お金や、贈り物よりも手紙のほうが楽しみだった。

兵士さんたちと一緒に大きな熊と闘ったこと、城のパーティーで食べた美味しいミートパイのこと、可愛らしいお姫様のこと。

村に住む私にとっては刺激的で、面白い話しばかりだった。


ある日いつものように家に手紙が届いた。

両親に聞くと、兄からではなくお城からの手紙だったらしい。

兄が家に帰っていないか、帰ってきたらすぐに城に知らせるようにとの手紙だった。

兄は家には帰ってきていなかった。


それから何日かすると、今度は兄から手紙が届いた。


「王女様の命令に背いてしまった。城の仕事は辞めて今は身を隠している。迷惑を掛けたくないのでそちらには帰らない。お元気で。」という手紙だった。


もう兄に会えることはない。

悲しむ私を両親が抱きしめてくれた。

両親の頬も濡れていた。


それからまた何日か経って、姫様が王子様とご結婚されたというめでたいニュースが飛び込んできた!

兄の手紙に書いてあった可愛らしい姫様のご結婚が嬉しかった。

家族で久しぶりに笑って話していると、ドアがノックされた。


もう兄からの手紙は来ないという嬉しいニュースが飛び込んでくるのを、両親も私もまだ知らない。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る