第12話 更に倒置と比較構文です

( 文字サイズ『大』、フォント『ゴシック』を推奨します )


----------------------------------------------

■ 引き続き倒置と比較構文を挙げてみます。


※ 以下のページを参考にしました。

『トイグル英文法/倒置』

https://toiguru.jp/inversion


----------------------------------------------


◎ p1n1 [*1]

 英:You①,S { nc } are③,VpsI { vpr } student⑤,C { n } .

 訳:①貴方は ⑤学生 ③です 。

 【Hint】平叙文・基本的な英文。


◎ p1n2 [*1]

 英:Are①,VpsI { vpr } you③,S { nc } studentC { ⑥,n }

 訳:③貴方は ⑥学生 ①ですか ?

 【Hint】疑問文にするための倒置。


◎ p1n3 [*1]

 英:You①,S { nc } don't know③,VpsT { a/adv/vr }  O {  ⑦,gc▶18 { whatO { REL } people⑩,S { nc } are talking about⑫,VptCI { a/ving/⑮:pre } (●)⑯,O★away } } , nor⑱,coo▶7/19  ⑲,gc▶18 {  ⑳,VpsCT { are㉑,a  S { you㉓,tif_S { nc } } trying㉕,ving }  O { to understand㉗,tif_T { tm/vr } it㉚,tif_O { oc } either㉜,tif_M▶20 { adv } } } .

 訳:①貴方は ⑩人々が ⑯何に ⑮ついて ⑫話しているか ③理解していない ⑱し 、 ㉓貴方は ㉚それを ㉗理解しようと ㉜さえも ⑱/㉑/㉕していない 。

 【Hint】後半は等位接続詞"nor"によって否定文になるための倒置。


◎ p1n4 [*1]

 英: ①,mc {  VptT { Did③,a you④,S { nc } everM { ⑦,adv } burn⑧,vr } your handO { pc/n } }  sc▶1 { while⑬,cj (you)S★  VptI { (were)a★ cooking⑲,ving } }

 訳:④貴方は ⑲料理中 ⑬に ⑧やけどを ③/⑦したことはありますか ?

 【Hint】"you were" は接続詞が導く副詞節の習慣的な省略


◎ p1n5 [*1]

 英:Q. Where①,M▶3 { AdvINT }  ③,VptT { did④,a you⑤,S { nc } get⑦,vr } the bottleO { ⑨,ar/⑩:n }

   A. I⑪,S { nc } got⑬,VptT { vp } it⑮,O { oc } at the station⑰,M▶13 { pre+pO { ar/n } } .

 訳:⑤貴方は ⑨その ⑩ボトルを ①どこで ④/⑦手に入れたのですか ?

    ⑪私は ⑮それを ⑰駅で ⑬入手しました 。


◎ p1n6 [*1]

 英:1.  sc▶8 { WereVptI { vp } I④,S { nc } you⑥,C { pn } } ,  ⑧,mc { I⑨,S { nc } would not worry⑪,VmaI { ma/adv/vr } } .

   2.  sc▶23 { Ifcj IS { nc } wereVptI { vp } youC { pn } } ,  ㉓,mc { IS { nc } would not worryVmaI { ma/adv/vr } } .

 訳:④私が ⑥あなたなら ⑨私は ⑪心配しません 。

 【Hint】従属節を導く従属接続詞"If" の省略による倒置


◎ p1n7 [*1]

 英: ①,mc { His two sonsS { ③,pc/④:adj/⑤:ns } agree⑥,VpsI { vpr } } ,  sc▶1 { as⑨,cj does⑩,PrV { vs } his mother⑫,S { pc/n } } .

 訳:⑫彼の母親が ⑩同意している ⑨のと同じように 、 ③彼の ④ 2 人の ⑤息子達も ⑥同意しています 。

 【Hint】後半は従位接続詞 "as" によって導かれる副詞節のための倒置。"does" は代動詞でここでは "agree" の繰り返しのため使われています。


◎ p1n8 [*1]

 英: sc▶9 { The longer②,M▶7 { adv/adv } they⑤,S { nc } looked⑦,VptI { vp } } ,  ⑨,mc { the more⑩,M▶19 { adv/adv }  ⑬,VptI { dida the couple⑮,S { ar/n } feelvr }  ⑲,C { interested⑳,adj  MJ▶20 { in㉒,pre the unknown youthpO { ar/㉕,adj/㉖:n } } } } .

 訳:⑤彼らは ②より長く ⑦見 ②続けるほど 、 ⑮そのカップルは ㉕未知の ㉖若者 ㉒に ⑩より多くの ⑳興味を ⑬抱いた 。

※ The 比較級(形/副) ~ , the 比較級(形/副) ~ のパターンです。いろいろ調べた結果、上のような形態素判定で良さそうだと判断しました。


かなりいろいろ調べましたので、この判定の根拠の内容も残しておきます。

① 形/副の比較級・最上級の前に置かれる "the" は副詞だとのこと(ル辞)。

② 最初の "the" は『関係副詞』(先行詞が明示されないパターンの時は「副詞+従属接続詞」)で、カンマの後の2つ目の "the" は『指示副詞』である、→ と、2005/10/20 初版発行の安藤貞雄著/現代英文法講義にて命名?特定?されたとのことなので、『関係副詞』『指示副詞』という単語そのものが 2005年に出来たモノと納得することにしました。

③ "The ~" , "the ~" の "~" は副詞か形容詞で、比較級構文になる前の原文に使われていたものを前に出しているとのこと。


※ 2021/09/19 追記

改訂版英文法総覧にも「最初の "the" は『関係副詞』」と書いてあるのを見つけてしまいました。

こちらの初版1983年、もしくは改訂版の1996年から使われていたかも知れません。


----------------------------------------------


元の英文を作ってみましたので、こちらも参考にしてください。



◎ p1n9

 英:A_○: TheyS { tm } looked③,VptI { vp } longM▶3 { adv } .

   B1○: The coupleS { ar/n } moreM▶12 { adv } felt⑫,VptI { vp }  C { interested⑮,adj  MJ▶15 { inpre the unknown youthpO { ar/adj/n } } } .

   B2○: The coupleS { ar/n } felt㉔,VptI { vp } moreM▶24 { adv }  C { interestedadj  MJ { inpre the unknown youthpO { ar/adj/n } } } .

   B3○: The coupleS { ar/n } feltVptI { vp }  C { moreM▶43 { adv } interested㊸,adj  MJ { inpre the unknown youthpO { ar/adj/n } } } .

   B4▲: The coupleS { ar/n } felt52,VptI { vp }  C { interestedadj  MJ { inpre the unknown youthpO { ar/adj/n } } } moreM▶52 { adv } .

 訳:(A)長く見ていました 。/ (B)夫婦は 、 未知の若者にもっと興味を持ちました 。

 【Hint】比較級の元になる英文です。B1 は無難な英文になると思います。副詞(ここでは"more")は述語動詞、または前後の語/句を修飾するので、B2,B3 のようにどちらを修飾すると相手が判断するかは未知数です(この英文では翻訳は変わりませんが)。B4 は "more" が遠くなりすぎて、どこを修飾しているのかが分かりにくいと思います。



----------------------------------------------

■ 教えて!Goo より、関係副詞"where" で先行詞と離れている例文を見かけましたので、それも載せておきます。


※ 以下のページを参考にしました。

関係副詞で、先行詞と関係副詞が離れることができるのはwhenだけですか?

whereは離れないのですか?

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/12546221.html


----------------------------------------------


◎ p2n1

 英:A tall house①,S { ar/adj/④:n } collapsed⑤,VptI { vp }  M▶5 { during⑧,pre the earthquake⑨,pO { ar/n } }  rc { whereM { ⑬,AdvREL▶4 } six people⑭,S { adj/n } lived⑰,VptI { vp } (●)M▶13★away } .

 訳:⑭ 6 人の人が ⑰住んでいた ①高い家が ⑨地震の ⑧間に ⑤崩壊した 。

 【Hint】関係副詞 "where" の先行詞は "house"(学校文法では"A tall house")です。"★away" は関係副詞に代わる前の語句が有った位置を示します。

  単純に "Six people lived the house" のような英文が元にあったと理解してもらえれば良いと思います。



----------------------------------------------

形態素マーカーの意味は一番最後にリストしています。

上記例文を印刷して色ペン等でマークしながら読んでいくと更に理解しやすくなります。

----------------------------------------------

----------------------------------------------

■ 米語発音記号付き英文


◎ p1n1 [*1]

  Youju areɑr studentˈstudənt .


◎ p1n2 [*1]

  Areɑr youju studentˈstudənt


◎ p1n3 [*1]

  Youju don'tdóʊnt knownoʊ whatwʌt peopleˈpipəl areɑr talkingˈtɔkɪŋ aboutəˈbaʊt , nornɔr areɑr youju tryingˈtraɪɪŋ totu understandˌʌndərˈstænd itɪt eitherˈaɪðər .


◎ p1n4 [*1]

  Diddɪd youju everˈɛvər burnbɜrn your handhænd whilewaɪl cookingˈkʊkɪŋ


◎ p1n5 [*1]

  Q. Wherewɛr diddɪd youju getgét theðə bottleˈbɑtəl

  A. I gotgɑt itɪt atæt theðə stationˈsteɪʃən .


◎ p1n6 [*1]

  1. Werewɜr I youju , I wouldwʊd notnɑt worryˈwɜri .

  2. Ifɪf I werewɜr youju , I wouldwʊd notnɑt worryˈwɜri .


◎ p1n7 [*1]

  Hishɪz twotu sonssʌnz agreeəˈgri , asæz doesdʌz hishɪz motherˈmʌðər .


◎ p1n8 [*1]

  Theðə longerˈlɔŋgər theyðeɪ lookedlʊkt , theðə moremɔr diddɪd theðə coupleˈkʌpəl feelfil interestedˈɪntrəstəd inɪn theði unknownənˈnoʊn youthjuθ .


◎ p1n9

  A_○: Theyðeɪ lookedlʊkt longlɔŋ .

  B1○: Theðə coupleˈkʌpəl moremɔr feltfɛlt interestedˈɪntrəstəd inɪn theðə unknownənˈnoʊn youthjuθ .

  B2○: Theðə coupleˈkʌpəl feltfɛlt moremɔr interestedˈɪntrəstəd inɪn theðə unknownənˈnoʊn youthjuθ .

  B3○: Theðə coupleˈkʌpəl feltfɛlt moremɔr interestedˈɪntrəstəd inɪn theðə unknownənˈnoʊn youthjuθ .

  B4▲: Theðə coupleˈkʌpəl feltfɛlt interestedˈɪntrəstəd inɪn theðə unknownənˈnoʊn youthjuθ moremɔr .


◎ p2n1

  Aə talltɔl househάʊs collapsedkəˈlæpst duringˈdʊrɪŋ theði earthquakeˈɜrθˌkweɪk wherewɛr sixsɪks peopleˈpipəl livedlɪvd:動 .



----------------------------------------------

■ IPA & Jones 発音記号テーブル

https://agoandnew.com/tools_info/023_ipa_and_jones_table.php


※ 発音記号はいろいろなサイトから集めていますため、

  分りやすいように簡単な発音方法の説明を用意しました。

  ちゃんと英語の発音をマスターしたい方はこちらもどうぞ。


------------------------------------------------------------

■ 出典元一覧

[*1] https://toiguru.jp/inversion


----------------------------------------------

■ 形態素マーカー・一覧

(“▶”は修飾先・関連等を示します)

◆ C:補語 ◆ M:副詞句/節 (名詞(句/節)以外を修飾) ◆ MJ:形容詞句/節 (名詞(句/節)を修飾) ◆ O:目的語 ◆ PrV:代動詞 ◆ S:主語 ◆ VmaI:自・未知・基本相 ◆ VpsCT:他現在・進行相 ◆ VpsI:自現在・基本相 ◆ VpsT:他現在・基本相 ◆ VptCI:自過去・進行相 ◆ VptI:自過去・基本相 ◆ VptT:他過去・基本相 ◆ gc:等位接続詞等の対象範囲を示す ◆ mc:主節 ◆ pO:前置詞の目的語 ◆ rc:関係詞節 ◆ sc:従属節 ◆ tif_M:to-不定詞の修飾語(副詞句/節) ◆ tif_O:to-不定詞の目的語 ◆ tif_S:to-不定詞の(意味上の)主語 ◆ tif_T:他・to-不定詞・基本相

◆ AdvINT:疑問副詞 ◆ REL:関係代名詞 ◆ a:助動詞 ◆ adj:形容詞 ◆ adv:副詞 ◆ ar:定冠詞/不定冠詞 (the,a,an のみ) ◆ away:(関係詞/疑問詞の元になった単語の位置) ◆ cj:(従属)接続詞 ◆ ma:法助動詞 ◆ n:名詞 ◆ nc:人称代名詞・主格 ◆ oc:人称代名詞・目的格 ◆ omit:(that等の習慣的に省略される語句) ◆ pc:人称代名詞・所有格・所有形容詞(my, his, Mike's) ◆ pn:人称代名詞 ◆ pre:前置詞 ◆ tm:to mark ◆ ving:動詞・現在分詞形 ◆ vp:動詞・過去形 ◆ vpr:動詞・現在形 ◆ vr:動詞・原形 ◆ vs:動詞・三人称単数現在形

----------------------------------------------

■ 形態素(文型要素・品詞)表記方法について

ここに載せた英文解釈は様々な解釈法の内のひとつに過ぎません。このページでは『日本語訳に基づいて英文に形態素を振っている』ことにご理解・ご注意願います。

また、発音記号・文型判定・品詞判定等で間違いやおかしな点に気が付きましたらお知らせください。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る