桜花さん

あれから3日後、閉店間際の花屋に来た。まだ明かりはあるけれど、人の気配はない。

ドアを開けた。

桜花さんと目が合う。真っ赤になって俯いてしまった。

僕は真っ直ぐ桜花さんの元に向かう。


「僕は……あなたの恋人になれますか?」


桜花さんはその真っ赤な顔を上げた。上目遣い、かわいい。


「ふ、ふつつかものですが、よろしくお願いします」


ぺこりと頭を下げた。


「……いいんですか?!」


「は、はい。あ、でも」


今なら桜花さんのお願いには何でも答えてしまう。


「なんでしょうか」


「私、お付き合いをしたことが無いので、その、おかしいところがあったら言ってください」


「桜花さんも、僕に嫌なところがあったら言ってください」


「はい、約束ですよ」


そして、僕らはいつもより長く見つめ合い、微笑みあった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

街の花屋の桜花さん 大西 詩乃 @Onishi709

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

参加中のコンテスト・自主企画