第6話『悪夢』『兄弟』『謝罪』


「お前の兄ちゃんすげぇな!!」


昔から、言われ続けていた言葉だった。


「さすが兄弟」

「橋岡くんのお兄さんは本当に凄いねぇ」


兄弟というものは、昔から意味もなく比べられることが多い。俺の家でも、例に漏れずそうだった。


「お兄ちゃんはこんなに凄いんだから」

「お前ももっと頑張りなさい」


――いつからだろうか。兄と比べられても、何も感じなくなったのは。


「――その、さ。実くんのお兄さん、紹介してくれない……かな?」


そう話を切り出してきたのは、中学生の同級生で俺の初恋の相手の――さんだった。

それから俺は、どうしたっけな。いつもみたいに笑って、聞いてみるよって答えたような気がする。


俺の人生には何時でもどこでも兄がついて回った。

それ程までに兄は強烈で、鮮烈で、人を惹きつける何かを持っていた。


「あっ、弟くんじゃん!」

「橋岡くんの弟さん」

「お兄さんにこの間は――」


本当に嫌だった。惨めだった。兄の話が出される度に、自分は兄の付属品としか見られてないように感じられて。


「……実は、実が生きたいように生きればいいよ」


一度だけ、兄を責めたことがあった。何を言ってるのか分からなかったと思う。身勝手な理由で責められて、イラついたかもしれない。でも、兄はそう言ってくれた。

――だから、兄を嫌いになれなくて、自分は自分を嫌いになった。


☆ ☆ ☆


「――い、ミノルー!」

「――っ!?」


体を揺さぶられ、ハッと目を覚ます。目の前には、ノボルの顔があった。


「え、どういう状況っすか!?」

「お前、バイト終わってから寝落ちしたんだよ。俺らは、お前を連れて連れて帰るよう店長に頼まれたんだよ」


呆れたようにそうため息を吐くノボルの顔の背後を覗いてみると、すぐそこには自身の家があった。


「いやー、すみませんっす。迷惑かけちゃって……」

「ま、気にすんな」


俺の荷物を持ってくれているらしいハジメがそう言うと、ノボルもそうそうと笑った。


「俺らに迷惑かけるのを遠慮すんなよ。俺らだって、お前に迷惑かけまくるし」

「お前はもうちょい遠慮しろよ」


楽しそうに笑う二人の友人を見て、泣きそうになるのを堪えながらにぱっと笑顔を作った。


「二人とも、ありがとっす!」


そう言うと、彼らは驚いたように目を見開きふっと短く息を吐く。


「おー、気にすんな」

「そうそう。お兄ちゃんのプレゼントを買うために頑張る友人のためだしな。……うーむ俺、かっこいい」

「またすぐ余計な一言をつけ加える……」


そう。今年は、ちゃんと兄の誕生日を、生まれてきてくれたことをお祝いするんだ。


「はーい、とうちゃーく」

「……ん? どうした?」


ノボルの背を離れ、地面に足を着いたまま動かない俺を、ハジメは訝しげに見てくる。しかし、俺はすぐに顔をあげて満面の笑みを浮かべると、その問いかけに答えることなく手を振った。


「それじゃ! おやすみなさいっす!!」

「おー、おやすみー」

「しっかり休むんだぞー」


暖かい友人の声を背中で受け取りながら、俺は家に足を踏み入れる。

今日は心配をかけてしまったが、また明日もバイトがある。しっかり休まなければ……!


「あ、おかえり」


ふっと微笑で出迎えてくれた兄に、俺は満面の笑みで元気よく返事をする。


「ただいま!」


二人に心配をかけたのは悪かったけれど、俺はもう少しだけバイトを頑張ってみるつもりだ。


――だって、今年こそあの時の謝罪と、あの言葉へのお礼を言うのだから。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る