第5話『コーヒーショップ』『変装』『コント』


とあるコーヒーショップにて。


「店員さーん」


手を挙げてそう呼ぶ。すると、男の店員がそれに気づいてこちらに近づいてきた。


「はいはーい」


たたっとこちらに駆け寄ってきた店員に向けて、言葉を続けた。


「の奢りでコーヒーとサンドイッチ一つ」

「無理っすよ!?」


注文を伝えると、男の店員こと、店の制服で身を包んだミノルが全力で拒否してきた。


「おいおい、客の注文を拒否るなんて、店員としてどうなんだよ」

「いや、そんな注文ないっすから。ついでにスマイルも売ってないっすよ」

「ちっ」


先読みされてしまった。次の注文はスマイル一つにしようと思ったのに……。

悔しがる俺を見て、ミノルは呆れたような表情をすると、再度尋ねてきた。


「それで? 注文はなんかあるんすか?」

「じゃあオレはおすすめのコーヒーと、パンケーキを一つ」


今まで黙っていたハジメが口を開き、注文する。ハジメに似合わない注文内容に、俺とミノルは揃って目を丸くする。


「……え、なに?」

「ハジメがパンケーキ頼むなんて意外だなと思っただけっす」

「さすがハジメ。女子力高ーい」

「いや、パンケーキぐらい食べるだろ。むしろ、パンケーキ食べるのは女子って考えがおっさん臭いぞ」

「ぐっ……」


まあ、確かに……。

ぐぬぬと唸っていると、さっさと注文しろと二人して目で訴えかけてくる。


「じゃ、じゃあ、コーヒーとサンドイッチを一つ」

「かしこまりましたっす!」


ミノルはピッと敬礼をすると、たたっと厨房へと急ぎ足で向かっていく。それを見届けると、ハジメの方へと視線を戻した。


「まさかミノルがバイト始めるなんてなぁ」

「確か、お兄さんの誕プレ代を稼ぐためだったか」


兄も大概ブラコンだが、ミノルも割とブラコンである。本人は否定するだろうが。


「ま、そんな理由だから兄には内緒にしてくれって頼まれたんだけどな」

「そうだ……おい、ちょっと後ろ見ろ」


唐突にそう言われ、戸惑いながらも振り返る。それと同時に、店のドアが開く音が聞こえてきた。


「いらっしゃいませー!」


店へ入ってきたのは、帽子を目深く被り、サングラスをかけた男。

そこだけ聞くと不審者感が強いが、高身長かつ、顔の大部分を隠しているのにも関わらず漏れ出るイケメンオーラから、一種のファッションとしか見えない。不審者コーデ……流行るな。


「あれ、ミノルの兄じゃねぇか……!」

「あれで隠せてると思ってんのかな。遠目からでも一目で分かったぞ」


顔の部分以外は隠す気は無いのか、服装はいつもと一緒だし、なんならミノルに「一名で」とか言ってるし。


「いや、なんであいつ気づかねぇんだよ」

「馬鹿だからだろ。兄弟共々」


ミノルは橋岡兄を席へと案内すると、なぜか話しかけた。


「最近よく来ますね。常連さんじゃないっすか!」


常連なのかよ……!

ハジメの方を見てみると、あいつも肩を震わせて笑ってやがる。


「ええ。弟がここでバイトしてまして」

「へー! どの人のお兄さんなんすか?」

「弟に仕事場来ているの知られたくないんで、内緒です」


言うのかよ。そして気づけよ。

ハジメの方を見てみると、机に突っ伏して小刻みに震えてやがる。めっちゃ笑うじゃん。


「弟がバイト始めた理由が、僕の誕生日プレゼントを買うためらしいんですよ」

「へー! いい弟さんなんすね!!」

「本当に、いい弟です」


なんかあちらは良い話をしている感を出しているが、こっちへの被害が半端じゃない。ハジメ、笑いすぎて咳き込んでるし体から変な音聞こえるし……。


「あっ、仕事中なんで!」

「頑張ってくださいね」

「はいっ!」


ミノルは厨房へ戻ると、コーヒー二つとパンケーキ、サンドイッチを持ってこちらにやってきた。


「おまたせしましたっすー……え、どうしたんすか?」


動かなくなったハジメを見て、ミノルが不思議そうに首を傾げる。


「ああ、気にしないでくれ。最近寝れてないんだと」

「そうなんすか。なら、ここ置いとくっすね」

「おう。仕事頑張れよー」


ミノルは机に料理を並べると、さっさと厨房へ戻って行った。それを見届けて、ハジメに声をかける。


「おい、このままじゃお前がもたない。さっさと食べて帰るぞ」

「お、おう。分かってる」


食べ始めるよう促すと、俺はサンドイッチに手をかける。うーん、美味。

もしゃもしゃと食べていると、ふと気づいたようにハジメが話しかけてきた。


「そういやお前、コーヒー飲まないのか?」


そう言われて、思わず手を止めてしまった。


「どうした?」


そんな俺の様子を見て、ハジメは訝しむように声をかけてくる。


「いや、なんでもない。飲むよ、飲む」


言っていなかったが、俺はコーヒーが飲めない。コーヒーショップに来たのにコーヒーを頼まないのはどうかと思って注文してしまったが、こんなことなら普通にお冷を頼めばよかった……!

だが、ここでコーヒーが飲めないとでも言えば、ここ半年はこのネタで弄られること間違いなし。


「ええいままよ……!」


俺は覚悟を決めてグイッと飲み干した。うーん……苦い……。

口の中の味を変えるべく、サンドイッチを素早く口の中に入れ咀嚼する。やっぱり、大人の味とかまだ早いわ。


「ごちそうさん……」


なんとか食べ終わり、さっさと店から退散しようと思ったその時、橋岡兄の下へコーヒーが運ばれた。


「……」


橋岡兄はいそいそと、コーヒーに砂糖を入れていく。


「……? どうした?」

「いや……なんでも……」


砂糖入れりゃあよかったぁー! なんでブラックで飲んじゃったの? 馬鹿なの? 俺、馬鹿なの?

そうやって後悔していると、コーヒーから立ちのぼる湯気でサングラスが曇ったのか、橋岡兄はサングラスを取り外してハンカチで擦る。ミノルの前で。

流石のミノルも気づくのか、じーっと橋岡兄の顔を見る。


「……あの、俺とどっかで会ったことありますか?」


そう尋ねるミノルに、橋岡兄はサングラスを付け直すと、


「昨日もこの店で会いましたよね」

「あ! 確かにそうっすね!!」


何納得してんだよ。気づけよ、いや本当に。


「ゴホッゴホッ……ガハッ……!」


笑いすぎて器官にでも詰まったのか、咳き込むハジメ。

ハジメが落ち着くまでの間、俺はお冷をちびちびと飲み続けるのだった。


その後、橋岡兄目当てで女性客が増えたとか増えなかったとか。それはまた、別のお話。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る