一 4-②


(私が、来なかったから、だからおばあちゃん……倒れちゃった)


 ぼうぜんとしていると、漱石が亜紀の足元にやってきて、足の周りをくるりと一周する。

 そしてじっと絵を見上げた。


「生き生きとしたよい絵だにゃ」


 さらに漱石は背を向けて座り込むと、触っていいぞとばかりに振り返って亜紀をじっと見つめた。

 亜紀はやわらかそうな体に手を伸ばす。恐る恐る背を撫でると、漱石は気持ちよさそうに目を細めた。予想以上にふかふかでなめらかな毛は亜紀の手を優しく包み込む。

 人がペットにやしを求めるのは、その柔らかさと温かさで自らの傷を埋めようとするからなのかもしれない。

 漱石は亜紀の手に頬をこすり付ける。ぺろり、と手の甲をめる。それが、なんだか話の続きを促しているように思えて、亜紀は口を開いた。


「私……小さいころ、ここを継ぎたいってずっと言ってて。だけど今まで忘れてて……こんなことになるならもっと、もっと早く思い出せばよかった……!」


 語尾が涙でにじんで焦る。まるでざんだと思った。

 私は、なぜ初対面の、しかも猫の前で泣こうとしているのだろう。

 すると猫は言った。


「にゃにを悲しんでいるのだ? やりたいのなら、今からやればいいじゃにゃいかね。にやにごとも遅すぎるにゃんてことはにゃいぞ」


 簡単に言われて、思わず涙が止まった。


「今から? そ、そんな簡単に」

「難しいかね?」

「そりゃあ」

「本当に?」


 難しいです。そう返そうとした亜紀は、はたと思い当たった。

 できるわけない。そう思い込んでいた。だけど改めて問いかけてみる。

 亜紀は今休職中。時間は十分にある。しかも料理は好きで、得意な方だ。そして──。


(そういえば、おばあちゃん……守ってくれって)


 あれが、もしも店を続けてくれと言う意味だとしたら?

 だとしたら、亜紀は決して断れない。この絵を見てしまっては、とても無理だと思った。


「私に、やれますかね?」


 気がつくと亜紀はそう口にしていた。

 漱石に対しての問いかけに、別の方向から問いがかぶさった。


「失礼ですが、飲食業のご経験は?」


 寒月だった。目には心配そうな光があった。

「学生の時に、ファミリーレストランのアルバイトをしたくらいですけど」

「だから、店を切り盛りできると?」

 そんなことは思いもしていない。雇われるのと経営が別物というくらい、亜紀にもわかる。やっぱり、無理かな、と気持ちがしぼむ。


「やっぱり、できないです……かね?」


 だが、道を探ってしまう。亜紀、たのむ。祖母が病床から祈っているように思えてしょうがないのだ。


「ハルさんの気持ちを考えたら、できるできないはもはや関係にゃいのではにゃいのかね?」


 足元から声が上がる。その言葉が亜紀の背中をそっと押した。

(そうだ。そうだよね)

 今、できるできないは関係ない。重要なのは、やるかやらないかだ。ここで何もせずに放り出せば、それこそ祖母への裏切りだ。

 勘違いかもしれない。だけど、待っていてくれたかもしれない。その想いは無駄にできない。きっと今はそう動くのが一番人のためになって、正しい行為なのだ。


「決まったにゃ」


 漱石がうれしそうに言う。と、ちっ、と小さく舌打ちが聞こえたような気がした。

 顔を上げる。だが寒月は美味しそうにおしるこの椀に口をつけている。さきほど一瞬見えた心配そうな光は消え、口元には応援にも取れる笑みが見え、亜紀は気のせいかとホッとした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る