お見合いの相手は学校一の地味子→しかし 許嫁になった彼女は家ではエロエロになって 甘えてきました。「夜の勉強教えてくれない?」俺「ええ!?」

作者 雲川はるさめ

9

3人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?