【短編】骨折した時に偶然知り合った美人な転校生に付き纏い、やがて昼飯を一緒に食べる仲になった。笑った彼女が更に美しいということは、多分昼友の俺だけしか知らない。

作者 じゃけのそん

15

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?