彼はサイモン・クリスティ。ホラーとミステリーの二種類の小説を書いてきた男。全米のベストセラー作家だ。サイモン・クリスティは長編小説を執筆する際に、人里離れたカリフォルニア州のスキー場の山小屋にやってくる。ジンクスだ。彼はなによりもジンクスを重んじる。

 彼はそこに一カ月滞在し、三〇万文字の長編を一本書きあげる。編集者にまったく迷惑をかけたことがない速筆作家だ。

「どうやってこんな長い長編小説が書けるんですか?」とマスコミに質問されると、彼は真顔でこう答える。「一語に一文字ずつ」マスコミ関係者は失笑を隠せないようだった。

「やっと完成した――」

 彼は古びたタイプライターの前で伸びをしたあと、安堵のため息をもらす。またもジンクスだ。サイモン・クリスティは自分にご褒美として世界最高級のブランデーをグラスにそそぎ、世界最高級の葉巻をくゆらす。紫煙が舞う――至福のひとときだ。そして、そのあとスキー場の頂上からスノーボードの上に立ち、雪山の急斜面を一気に滑り降りる。なんともいえない爽快感と達成感――そんな矢先の出来事だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る