ナタリー

レックス・ジャック

 それは一瞬の出来事だった。サイモン・クリスティはたった独りで、カリフォルニア州のスキー場でスノーボードに興じていた頃、とつぜん雪崩に襲われた。不慮の事故だ。氷点下三〇度を下回った怪物は、彼に悲鳴すらあげる間も与えず、からだじゅうをのみこんだ。

 朦朧とするなか、音だけがあった。

 猛吹雪が風を切り裂く音。

 スコップで雪を掘る音。


 数分後、小柄な女が雪の下に埋まったサイモン・クリスティを発見すると、彼の頬をバシバシ叩き、手際よく人工呼吸を繰りかえした。

「さあ呼吸するのよ!」女がわめき声をあげる。「呼吸をしなさいったら!」

「げほっ、おええっ」サイモン・クリスティは嘔吐のような声をもらした。

 ふたたび意識が遠のいていく前に女のつぶやく声が聞こえた。「よかったわ。あぶないところだった……」


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る