第6話


         ※


「おーい、こっちに負傷者! 衛生兵、来てくれ!」

「アチッ! 誰か消火剤、持ってないか?」

「止むを得ん、こいつは廃棄処分だ。内蔵機器の電算システムは消去しとけよ!」


 俺は件の少女と共に、戦闘終了後のドック内を眺め渡していた。十メートルほど高いキャットウォークの上からだ。

 疑問はいくらでも湧いてくる。この少女は何者なのか? 民間人か? 軍属か? いやそもそも、敵か味方か?


 しかし、俺はその質問の全てを封じられていた。彼女の目があまりにも『正常』で『平凡』だったからだ。


 鉄と火薬と焼けた人肉の混ざった強烈な臭気の中、少女は何事もなかったかのような涼しい顔をしている。そこには、年相応のあどけなさと共に、戦場というものを達観したかのような色がある。


「ん……」


 声をかけようにもかけられない、そんな時だった。


「あーーーっ! こんなところにいたのね、リール!」


 そう叫んだのは、階段を上ってきたリアン中尉だ。


「げっ、お姉ちゃん! 見つかっちゃった……」


 さっと身を翻し、俺を盾にしようとする少女――リール。


「今はまだ作戦中よ、きちんと上官には礼儀を尽くしなさい、リール・ガーベラ軍曹!」

「軍曹⁉」


 俺は驚きの波状攻撃に遭っていた。リールなる少女がリアン中尉の実妹だ、ということも衝撃だった。だが何より、こんな少女が自分より階級が上だとは。


「ごめんなさいね、デルタ伍長。すっかり妹のお守りをさせてしまったわね」

「え? あっ、いえ! 自分は――」

「うわっ! オイル臭い! ちゃんと整備服洗ってるの?」

「割り込むな! 洗濯しても取れないんだよ!」

「ちょっとちょっと! あなた、伍長でしょ? 軍曹のあたしに、どうして敬語じゃないわけ?」

「ぐっ……」


 こんな幼稚な議論を打ち切ったのは、リアン中尉の溜息だった。腰に手を当て、やれやれとかぶりを振っている。


「もうじき全員に招集がかかるわ。どうせだから、さっさと講堂に行きましょう。デルタ伍長、あなたも」

「は、はッ!」

「だからぁ、どうして姉ちゃん相手の時は敬語なのに、あたしの時は違うのよ?」

「ほらほら二人共! 早く行くわよ!」


 中尉の背中に見えない糸でも付いているかのように、俺とリールは引っ張られていった。


         ※


 整備ドック内よりも、外側の方が酷い有様だった。ショベルカーが出動し、グラウンドの隅に広い穴を掘っている。二、三個はあるだろうか。その横では、敵の遺体を味方が放り込んでいる。

 

 本当ならきちんと埋葬してやるべきなのだろうが、こちらにだって死傷者は出ている。それに、敵が自分たちの遺体を丁重に扱ってくれるという保証もない。

 否応なしに、少年兵時代が思い起こされる。酷い遺体は見慣れたつもりだったが、久々に眼前に突きつけられると、何とも言えなくなる。


 夕日に照らされた遺体処理作業は、逆光で生者も死者も真っ黒に染まって見えた。

敵を憐れんでるわけじゃない。俺はそうやって、強く自分に念じなければならなかった。

 早速ハエがたかり出した遺体から目を引き離し、中尉の背中に意識を集中した。

 しかし、だ。


「ちょっとあんた! なにぼさっとしてんのよ! キビキビ歩きなさい!」

「お、お前、じゃない、軍曹……。これを見て何も感じないのか? 人が死んでるんだぞ?」

「誰だっていつかは死ぬわ。あたしはそんなことを気にかけてるほど、暇でも軟でもないの。これからのことだけを注視しなさいな」

「ッ!」


『これからのこと』だと? 俺の仲間だった少年兵たちは『これからのこと』など想像もできずに死んでいったのだ。それがどれほど空虚で悲しいことか、この少女は分かっているのか?


 俺がリールに手を挙げずに済んだのは、今日一日で多くの人々の死を目にしたからだ。流石に日付も変わらないうちに、これ以上の暴力沙汰は起こしたくない。


 俺は冷たく、音のない溜息をついて、再びリアン中尉の背中に向き直った。


         ※


 講堂。そう呼ばれる建物が、この基地の敷地内にはある。

 なんでも開戦前までは崇高な宗教施設だったらしく、また、強度も十分だということで、解体されずに利用されている。

 全体的に半円形で、丸窓が左右に並んでいて、段々畑のように座席が配されている。


 最低限の歩哨が立たされた観音扉を抜けて、俺と中尉、それにリールは講堂に踏み込んだ。


「中尉、質問をよろしいですか?」

「ええ、構わないわよ」

「誰が演説するんです、こんな時に?」

「あら、忘れちゃったの?」


 くるりと振り返る中尉。少しばかり高い目線から、俺をじとっとした目で見つめてくる。


「だ、誰、って……。あなた、今朝の会議、聞いてなかったの?」

「す、すみません……」


 言い訳したいのは山々だったが、『あなたのことが心配で話に集中できなかった』とは口が裂けても言えない。


「首都防衛司令部からいらっしゃった、ワイルドット・スランバーグ大佐よ。それ以外の通達事項はなかったけどね」

「スランバーグ大佐……」


 俺が呟いた、その時だった。


「おーい、デルタ!」


 最前列から声がした。ルイスだ。ロンファも腕を組んだまま、仏頂面で隣に腰かけている。


「リアン中尉、リール軍曹、機体の調子はいかがでしたか?」

「ええ、問題なかったわ。もう少し軽装甲にしてもいいくらい。リール、あなたは?」

「問題も何もないわよ、だってあたしの専用機じゃないんだもん」

「わがまま言わないの! 仕方ないでしょう、『バーニー』は置いてきちゃったんだから」


 リールを窘める中尉の言葉を遮り、俺はルイスに尋ねた。


「ルイス、お前はリールが……じゃない、リール軍曹が来ることは知ってたのか?」

「う、うん。だってほら、今朝の会議で基地司令が言ってたじゃない」

「ああーーー……」


 どうやら今朝の俺は、相当ボケていたらしい。

 そんな馬鹿馬鹿しい遣り取りは、基地副指令の大尉の言葉に中断された。


《皆、静粛に。ゴホン――。本日この基地は、敵の歩兵部隊による急襲を受けた。多くの死傷者が出ている。よって負傷者と衛生兵はこの場にいないが、ご了承願いたい。今日諸君に集まってもらった目的は、今朝述べたように、ワイルドット・スランバーグ大佐のお言葉を頂くためだ。仲間を喪い、悲嘆に暮れている者も多いと思うが、しっかり拝聴するように。それでは大佐、お願い致します》


 扉の陰で、動いたものがある。人間だ。しかし、どこか動きがぎこちない。

 俺にはすぐに察せられた。左足が義足なのだ。無論、戦闘で失ったのだろう。大佐にまで上り詰めるような人物が、元々前線に立つ兵士だったとは。


《楽にしてくれ、諸君》


 その一言で、立ち上がって敬礼しようとしていた俺たちは、ぴたり、と固まってしまった。

 それは怒声ではなかったし、冷徹な声音でもなかった。しかし、聞いた者を掴んで離さないような重量感が漂っていた。


 照明の当たるところに出てきた大佐は、老齢ながら威厳と風格を備えていた。それこそ、先ほどまでの戦闘を目の当たりにしていたかのように。


 なるほど、俺の予想は当たっていた。左膝から下が、金属製の義足だ。壇上に上がる短い階段を、こつん、こつんと鳴らしている。

 中央でこちらに振り向き、両手を演台についた大佐は、しばしの間唇を引き締めて俺たちを見つめていた。


《こんな時分だ、誰も老いぼれの戯言など聞きたくはあるまい。承知しているつもりだ。早く敵基地の位置を確かめ、急襲、否、復讐してやりたいと思っている者が少なくないことも》


 その時、背後でわっと声が上がった。いや、悲鳴だ。きっと友人を亡くした者が、耐えきれなくなって声を上げたのだろう。

 俺は膝の上に置いた拳をぎゅっと握り締めた。

 

《先に述べておく。こんな時に申し訳ない。私の目的は、ある整備兵を首都防衛司令部に引き抜きにきた》


 はっとして、顔を上げた。


《ルイス・ローデン伍長。君の活躍、技術力は熟練の技術者をも上回っている。今後、君の所属は首都防衛司令部付の技術開発研究部としたい。より強力かつ敏捷なステッパーの開発に従事してほしいのだ》


 横を見ると、ルイスがぽかんと口を開けたまま返事もできないでいた。

 が、俺も似たようなものだっただろう。


 ルイスは俺の親友と言ってもいい。唯一無二だ。ロンファを始め喧嘩友達はいるが、整備兵とパイロットでは見ている世界が違う。そんな中で、俺の過去を知り、受け止めてくれた同階級の人間はルイスだけだ。


《ルイス伍長》

「は、はッ!」

《君にこの基地内から数名の人選を行ってもらいたい。君をサポートできる整備兵、君の整備した機体を操縦できるパイロット、誰でもいい。彼らもまた、首都防衛司令部に迎え入れたく思っている。期限は明日の午後だ》


 口をぱくぱくさせるルイスを前に、大佐は質問の有無を皆に尋ね、挙手のないことを確認してからゆっくりと降壇した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る