第5話

「もしかして、さっきの説教にあったお偉いさんのことか……?」


 もしそうなら、ごく近距離に自国の軍の高官がいることになる。敵がそれに気づいているか否かは不明だ。だが、食い止めなければ。


「ルイス、お前はここにいろ!」

「えっ、あっ、デルタ?」


 俺はその場にあった弾倉を無理やりリュックサックに詰め込み、がばっと背負って通信室を飛び出した。


「デルタ、上腕の傷はどうするんだ⁉」


 というルイスの言葉は無視した。そのまま、匍匐前進でドック内を進む。正面に敵の本隊がいるというなら、別動隊が横合いから攻め込んでくる恐れがある。

 整備兵としての観察眼が幸いしたのか、このドックの隔壁の脆い部分は把握している。敵がそれを知っているか? 知ったこっちゃない。最悪の事態を想定して動かなければ。


 俺は電源供給中のステッパーの下に潜り込んだ。うつ伏せで、自動小銃のストックを肩に当て、隔壁の弱い部分に狙いを定める。敵を正面から迎撃できる位置だ。


 それから待つこと約五秒。俺が唾を飲むのに、ちょうどいい時間だった。ドォン、という短く、しかし腹の底を震わせるような爆音が響いた。隔壁を破壊するだけの、強力な爆薬が炸裂したのだ。


 黒煙と粉塵が舞い散る中、俺は腰元から別な武器を取り出した。手榴弾だ。ピンを抜き、二秒待つ。


「いけっ!」


 軽く呟き、転がすように正面へ投擲する。すると、ちょうど最大効果域に入った手榴弾が敵の足元を薙ぎ払った。ぐしゃり、と肉片の飛散する音がする。

 やや煙が晴れたところで、俺は容赦なく銃撃した。足止めでいい。あとは味方のステッパーたちが片をつけてくれる。


 しかし猶予はない。俺は既に、反対側の隔壁が爆砕されたことに気づいていた。早く向かわなければ。外で戦闘中のステッパーと、ドック内で待機中のステッパー。敵がその隙間につけ込んでくると厄介だ。


 俺は、我ながら巧みにステッパーを遮蔽物にしながらドック内を駆けた。

 先ほど通信室から拝借したヘッドセットに声を吹き込む。


「ロンファ、聞こえるか! 前方の敵はリアン中尉たちに任せて、お前は側面を守れ!」

《あん? 何だって?》

「ドック西側だ! 隔壁を破られた! 急いで敵を横合いから叩いてくれ!」

《分かったよ! 貸し一つだからな!》


 ふん。こんな非常時に、一体何の貸し借りがあるというのか。俺はこちらから通信を切り、西側隔壁の損壊部分に銃口を向けて――固まった。

 その光景に、そしてその美麗さに、心を奪われたのだ。


 そこに立っていたのは、一人の少女。俺たちより若い。十一、二歳といったところか。銃弾の飛び交うドックの中で、ただ一人そこに立って、ステッパーに手を触れている。


 これが都市部の基地だったら、おかしな光景ではない。戦意高揚のためのイベントが開催されて、その一環として、幼児が実物のステッパーに手を触れる機会もあるだろう。


 しかし、言うまでもなくここは立派な戦場なのだ。

 金髪のツインテールに真っ白なワンピースという姿は、あまりにもこの場に不似合いだ。


 彼女を守らなければ。しかし身体が動かない。まるで彼女の発する気迫、オーラというべきものに魅入られてしまったかのようだ。


「お、お前は……」


 俺が声を上げかけた、まさにその直後。ドックの天井がぶち抜かれた。落下してくる無数のコンクリート片。

 すると少女はくるり、と俺に振り向き、驚異的速度で接近。地面すれすれを滑空するかのような速度で、俺にタックルを食らわせた。


「がッ!」


 空腹だったのは幸いだ。俺の反吐で、彼女のワンピースを汚したくはない。

 少女は俺の腰に抱き着いたまま、無感情な瞳で俺を見つめた。


「上方にも注意して、デルタ伍長」

「は、はあっ⁉」


 俺は状況も忘れて、呆気にとられた。


「ど、どうしてお前が俺の名前を……?」

「ここのステッパー、基地に認識されたパイロットでないと起動できないのね。面倒なの」

「いや、面倒って……。っていうかお前、まさか戦うつもりだったのか?」

「ええ。まどろっこしくてやってられないから、助太刀しようと思って」


 その言葉に、俺の混迷の度合いは一気に増した。

 彼女はこの歳で、ステッパーを操縦できるのか?


「ところでデルタ伍長」

「な、何だよ?」

「いい加減、私のお尻から手をどけてくれる? セクハラよ」

「うわっ! す、すまない……」


 ゆっくり周囲を見渡してから立ち上がった少女に従い、俺も立ち上がる。

 だが、俺は何か既視感のようなものを覚えていた。彼女の雰囲気、どこかで……?


「ぼうっと突っ立ってる場合じゃないわよ、デルタ伍長。こちらのステッパーが一機、敵に乗っ取られたみたい」

「何だって? だってお前、さっきは『この基地のパイロットでないと起動できない』って――、あ」


 俺は目にしてしまった。パイロットの遺体から切り取ったのであろう手を、ステッパーの承認システムに押し当てる敵の兵士の姿を。

 さっと乗り込む、というより着込む。そんな素早い所作を見て、俺はこの敵兵士がベテランであると悟った。


 このままでは、我が軍の最新技術が敵の手に渡ってしまう。何とか食い止めなければ。

 しかし、他の兵士たちは白兵戦で手一杯だ。こうなったら――。


「お前はここにいろ。うずくまって、耳に手を当てて――」

「冗談。戦うわ。あなた、副整備士長よね。指紋承認システムの他にも、パスワードでステッパーを起動させること、できるんじゃない?」

「あ、ああ……」


 完全に会話の流れを持っていかれている。だが、そんなことに頓着している暇はない。


「これにするわ」


 こんこん、と一般兵用のステッパーの装甲版を叩く少女。


「おい、まだ電力供給が十二パーセントしか――」

「フル稼働で五分、ってとこかしら。構わないわ。起動して頂戴。この子が一番、関節部の調子がいいみたいだから」


 そこで再び、俺は不思議な光景を目にする。

 少女は、うっとりとした目でステッパーを見つめていたのだ。ちょうど花や草木を愛でるように。

 ――まさか、相当な使い手なのか?


 いや、今はそんなことはどうでもいい。彼女が戦力になるというなら、働いてもらおう。

 俺は非常用パスコードを外部パネルに打ち込み、ハッチを解放させた。


「よっと」


 軽く跳躍し、シートに収まる少女。先ほどの天井崩落の件といい、今の身のこなしといい、間違いなく彼女は場慣れしている。『戦場』という、似つかわしくない場所に。


 すぐそばにある武器のラックから、拳銃を手に取る少女。左手には既に、小振りのサーベルが握られている。


「取り敢えず、奪取された一般機は私が仕留める。あなたは引き続き、味方の援護を」

「わ、分かった!」


 俺の返答も待たずに、少女は停止中のステッパーの頭部を軽く踏みつけ、乗っ取られた機体に向かって発砲した。


 勝負は一瞬だった。少女の放った弾丸は、三連射で敵機のキャノピーを破砕。あのステッパーのキャノピーを破るには、ほぼ同位置に撃ち込む必要がある。それを、少女は易々とやってのけたのだ。


 グワン、と機体を翻し、今度はサーベル刺し込む。敵機のキャノピーが真っ赤に染まる。

 とどめとばかりに、少女は敵機を蹴倒した。


「す、すげぇ……」


 俺が息を飲んでいると、


《二機目、乗っ取られた。続きはあなたに任せるわね》


 と告げられた。


「は、はあっ⁉ 俺は生身だぞ!」

《こっちも電力切れ。これが精一杯》


 ちょうどスピーカーからの音声が途切れる直前、少女はサーベルを投擲した。ギィン、と鋭利な音を立てて、敵機のキャノピーに突き刺さるサーベル。

 反射的にそれを引き抜く敵機。パイロットは無事なようだが、


「なるほどな」


 そう呟いて、俺はジグザグに駆けつつ自動小銃で銃撃した。

 サーベルの刺さった箇所を中心に、ひび割れが生じている。キャノピーの強度は格段に下がっているし、メインディスプレイもまともに機能していないはずだ。


 滅茶苦茶にサーベルを振り回す敵機だが、その斬撃は空を切るばかり。


「とっ!」


 俺は階段状に並んだコンテナを駆け上がり、手榴弾をまとめて投げつけた。

 俺がコンテナの反対側に飛び降りると同時、バァン、と弾けるような音が連続した。


「はあっ!」


 一旦肺の中の空気を交換し、工作用ドリルを担いで敵機の側面から近づく。

 しかし、ドリルの出番はなかった。敵機のキャノピーは破砕され、肉塊と化したパイロットのバラバラ死体が床にへばりついている。

 ステッパーもまた、脚部、腕部共に損傷し、修復不可能なまでになっていた。


 これなら、敵にこちらのステッパーのデータを奪われる危険はないだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る