第4話

《総員に告ぐ! 哨戒中の自軍ステッパーが急襲された! 繰り返す! 哨戒機が急襲された! 戦闘員は直ちにステッパーに搭乗し、迎撃態勢に入れ! 手隙の者は、対空機銃の銃座に着け!》

「な、なん……?」


 俺は口ごもった。ステッパーが急襲された? 馬鹿な。ステッパーの相手ができるのは、現在のところステッパーだけだ。戦車では遅すぎるし、戦闘ヘリではすぐにステッパーの高性能レーダーに探知されてしまう。


「おーい、デルタ!」

「ルイス、今の情報は本当なのか?」

「あ、ああ、そうみたいだ……」


 いつも通り、歯切れの悪いルイス。


「整備兵! ドラゴンフライの調整は済んでるんだろ? さっさと出撃させろ!」


 ロンファが喚き散らしている。しかし、今はまだ状況が把握しきれていない。エースパイロットといっても、常時搭乗していればいいというわけではない。


「おい待てロンファ! まだ敵勢力の規模も分かっていないんだ、無茶をするな!」

「ああん? デルタ、俺を何様だと思っていやがる? これでも撃墜スコアは五つ以上――」


 とロンファが言いかけた瞬間。俺の後頭部が痺れた。殺気を感じたのだ。

 

「お前ら、伏せろ!」


 俺は両腕を広げ、ラリアットの要領でルイスとロンファを押し倒した。


「うわっ!」

「いてっ! 何しやがるんだ、デル――」


 とロンファが言いかけた直後、大口径の銃弾が、整備ドックのハッチから飛び込んできた。

 俺の勘も鈍ってはいなかったらしい。

 文句を言われながらも、俺は二人の後頭部を床に押しつけ続けた。ステッパーに当たって跳弾した弾丸が、人を殺すことだって十分あり得る。

 周囲の床が真っ赤に染まったのを目にして、流石のロンファもごくり、と唾を飲んだ。


『大口径の銃弾』と予想したのは正解だったようだ。ステッパーたちの損傷は軽微だが、撃たれた整備兵たちは酷い有様だった。


 否応なしに、五年前のあの日を思い出す。だが、


「違う……。ここにいるのはアルファたちじゃない……。俺だって、五年前の俺じゃないッ……」


 俺はそう呻くように言って、匍匐前進を開始。振り返ると、ルイスとロンファが大人しく丸まっているのが見えた。

 自身の無事を確認した俺は、冷静であれと念じながら、ドック内に配された自動小銃へと手を伸ばした。その間も、ずっと銃弾は飛び込んできている。対人には有効で、対機動兵器にしては弱すぎる銃弾が。


「どういうわけだ……? いや」


 考えるのは後回し。俺はドックの外壁に背を預け、しゃがみ込んだまま自動小銃を操作した。初弾装填、セーフティ解除、フルオート。

 ごろり、と壁面の陰から出て、敵の気配を見計らう。そして気づかぬうちに、口角が上がった。


「ありがとよ、太陽さん」


 今まで散々暑さを振りまいていた太陽。しかし今は、これ以上ない援軍といえた。

 敵が攻めてきているのは、暗い森林部からだ。当然、こちらから狙いはつけにくい。だが、日差しの具合でちょうど敵の姿が見えた。


 真正面から攻め込んできているのは総勢五名。先頭の一人が重機関銃を手にし、残り四人が彼を援護すべく標準的な自動小銃を構えている。


 俺はふっと息をつき、肩から先を脱力させながら銃撃した。真一文字に、弾丸をばら撒くように。

 敵は面白いように倒れていった。呆気ないものだ。死んではいないだろうが、まともに動けやしまい。

 しかし――。


 弾倉を取り換えながら、俺は今度こそ考えた。敵の狙いは何なのか。

 すると、俺が開いた活路の向こうからステッパーが現れた。ぎょっと身を引いてしまう。敵にステッパーはいないのではなかったのか?


 嫌な汗が滲んだのも束の間、それが友軍機であることに俺は気づいた。

 きっと、急襲されたという味方だろう。自力で戻ってこられたのか。ということは、やはり敵の目的はこちらのステッパーの破壊ではない、ということになるが――。


「デ、デルタ……」

「ルイス! 馬鹿、お前もロンファを見習って、丸くなってろ!」

「待って! 聞いてくれ! 僕の仮説なんだけれど――」


『そんなものは後にしろ』と一蹴するのは簡単だった。が、できなかった。ルイスの瞳に揺らぐ『何か』が、俺を引き留めたのだ。

 怒りではない。悲しみ? いや、それにしては複雑だ。後悔? いや、違うのか?


「ええい!」

「どわっ⁉」


 面倒だ。俺はルイスの襟首を引っ掴み、ごろんと半回転して、安全である内壁の陰に引きずり込んだ。


「聞かせろ、お前の仮説を!」

「あ、ああ……! えっと、その……」


 俺は軽くルイスを引っ叩いた。


「はっきりしろ! 明確に言え!」

「そ、そうだ! 敵の目的は、この基地のステッパーの奪取だ!」

「何?」

「考えてみてくれ、デルタ。敵は対人火器しか装備していない! ステッパーに敵うはずがないのに! だったらこれは、人間だけを排除する作戦なんだ! ステッパー強奪作戦なんだよ!」

「ルイス、お前……」


 まるで見てきたような口ぶりだ。それだけこの仮説に自信がある、ということなのだろう。俺もそれ以上、追求はしなかった。


《皆、下がって! リアン・ガーベラ中尉、ヴァイオレット、出撃します!》


 唐突に響いた、凛とした声。リアン中尉だ。ヴァイオレットに搭乗した彼女は、手前の一般機を軽々と飛び越えて、一気に鉄扉の向こう、日の当たる森林部に斬り込んでいった。

 もしできることなら、敬礼したかった。そして伝えたかった。どうぞご無事で、と。だが、そんな悠長なことはやっていられない。


《ロンファ・ホーバス伍長、ドラゴンフライ、出るぞ!》


 いつの間に搭乗していたのか、ロンファの声が響き渡る。

 ドラゴンフライは、圧倒的な近接パワー型だ。脚部の先端を一般機に掠らせながら、俺たちの頭上を通過していく。


「くそっ!」


 俺がついた悪態は、ロンファに対してではない。自分がステッパーに搭乗できず、リアン中尉やロンファと共に戦えないのが悔しかった、という理由からだ。


「整備ドック前方の守りは大丈夫だ。ルイス、俺たちはドック後方に退避するぞ!」

「……」

「何やってる、ルイス!」

「え? あ、わあっ!」


 ルイスを引っ張りながら匍匐前進するという、なかなかの過重労働に見舞われながら、俺はドック後方を目指した。今のルイスの仮説を、お偉方に伝えなければならない。


         ※


 五年前に救出されて以来、俺はほとんどの時間をこの整備ドックで過ごしたと言っても過言ではない。

 だが、入口から最奥部までの距離を、こんなに長く感じたことはなかった。


 理由は単純で、ドック側面に回った敵が窓ガラスを割って、銃撃を仕掛けてきたからだ。

 僅かに上腕を掠める弾丸。灼熱感に似た痛み。


「野郎!」


 俺は自動小銃を持ち換え、横向きに銃撃しながらドック内を駆けた。ジグザグに、ステッパーを盾にしながら。少しばかり敵を倒せていればいいのだが。

 ここまで引きずってきていたルイスを引っ張り起こし、怒鳴りつける。


「怪我はないか⁉」

「あっ、う、うん!」


 いつになく情緒不安定に思えるが……まあ、それはいい。ルイスには、先ほどの仮説をお偉方に披露してもらう必要がある。俺が代わってもよかったのかもしれないが、提唱した本人に話をさせるのが一番だ。


 この整備ドック後方には、非常用の通信装備がある。これで官舎にいるお偉方と通話できる。

 ここで具体的に『敵の狙いは我が軍のステッパー強奪だ』と提唱したところで、俺たち自身がどうしたらいいのかは分からない。だからこそ、命令を求めなければ。


 スイッチを入れ、ダイヤルを調整。テーブルに固定されたマイクに口を寄せ、声を張り上げた。


「こちら整備ドック緊急通信室! 官舎司令部、応答願います!」

《……》

「誰か! 司令部応答を!」

《……》


 まったく、何をやっているんだ。まさか緊急ケーブルまで切られたわけでもあるまいに。


《こ……司令……そちら……》

「こちらはデルタ伍長、及びルイス・ローデン伍長! 聞こえますか!」

《あー、こちら官舎司令部、通信が混線していた。大丈夫だ、聞こえている》


 そう応じたのは、基地司令である少佐だった。


「ほら、ルイス!」


 俺は半ば突き飛ばすようにして、ルイスをマイクの前に立たせた。銃声に負けないように、大声で話してもらわねばならない。


「しょ、少佐殿! 実は――」


 だが、司令部の対応は冷ややかだった。


《根拠は何か?》

「そっ……それは……」


 言い淀むルイス。しかし、司令部の方から別な声が割り込んだ。


《デルタ伍長、それにルイス伍長。一理ある意見だ。少佐、戦闘経験のある整備兵たちには、対人携行火器で対処させろ。敵勢力の、ステッパーに対する接近を防ぐんだ》

《し、しかし大佐……》

《責任は私が取る。はやく指示を出したまえ、少佐》


 すると間もなく、少佐の声で件の指示が整備ドックに下された。

 それはいいのだが、彼の懸念を払拭した『大佐』とは何者だ?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る