7年ぶりに再会した初恋の女の子。僕は君に2回目の恋をする。

青山有季

第1話 試合の朝

「ひろとくん。大きくなったらお嫁さんにしてね」


「うん! いいよ! はるかちゃんは僕が守るんだ!」


 毎日はるかちゃんと一緒に遊んでる。

 お家も隣にあって、恥ずかしがり屋で人見知りなんだ。


 はるかちゃんは僕や先生としか話せない。

 いつも下を向いているから前髪が目に掛かっていて表情が分からない。


 小学校に入っても友達が出来ず、男の子には「何か話してみろよー!」とか「顔見せろよ!」とか言われて、泣かされていたから僕が守っていた。


 そして、いつも僕の行く所に着いてきて後ろに隠れていてたんだ。


 でも、本当は目がクリっとして、お人形さんみたいに可愛くて、笑ったらもっと可愛いくて、優しい女の子だと僕だけは知ってた。


 一緒に遊んでる時はニコニコしてて、よくお喋りしてくれる。



 僕は……そんな『はるかちゃん』が大好きなんだ。



――――――――――――――――――――



『ジリリリリリリ―ン!』



 目覚まし時計が鳴り響き、夢の中から引き戻された。


「もう朝なのか? まだ寝たいな……」



 最近は同じ夢を見る事が増えた気がする。

 もう7年が経ったんだな。

 遥香ちゃん、今はどうしているんだ?

 元気にしているのか? 


 ずっと会えていないけど……


 俺は今でも君が……


 遥香ちゃん……君に会いたい……



 ベッドに寝たままボーっと考えてると母さんが部屋にやって来た。


「寛人、試合だからこの時間に起きるって言ってたでしょ。早く起きなさいね」


 母さんの言葉で目が覚めた。


 今日は大事な試合があるんだ!


 着替えてリビングに行くと、両親は食事中で、俺もテーブルの席に座った。


「寛人くん、おはよう」


「透さん、おはようございます」


 彼は義父の吉住透さん。母さんの真理と再婚をした人だ。俺は透さんと呼んでいるが親子関係は良好だと思う。


「今日の試合がんばってね。僕も時間が取れたから応援に行くよ」


「寛人、お母さんも応援に行くからね」


「ありがとう。今日の相手は強いけど絶対勝つよ」


 朝食も終わり、気持ちを落ち着かせていると「ピンポーン」と呼び鈴が鳴った。


「陽一郎が来たから行くよ」


 玄関で靴を履いていると、母さんが横までやって来て真剣な表情をしている。


「西城高校に入学するって聞いた時は驚いたけど、1年生にして現実になる所まで近付いてるんだもんね。蓮司さん……お父さんも含めて3人で応援してるからね……」


「母さん……うん……ありがとう。今日は絶対勝つから見ててよ!」


 母さんと透さんに「行ってくるよ」と伝え、陽一郎と家を出た。


「寛人、体調はどうだ? ちゃんと眠れたか?」


「寝れたよ。ただ、朝はいつもの夢を見て起きたけどな」


 こいつは田辺陽一郎。同じ中学校の出身で、同時からバッテリーを組んでいる俺の女房役だ。


「そうか。そんなに幼馴染に会いたいのなら、会いに行けば良いじゃないか? 本当に今日は大丈夫なんだろうな?」


「体調は万全だから大丈夫だ。会いに行けるならとっくに行ってるよ、簡単に言うなよ」


 陽一郎は、俺の事情を知っている数少ない友人の1人だ。その後は、今日の試合の打ち合わせをして集合場所に到着した。



「「監督、おはようございます!」」


 陽一郎と2人で監督に挨拶をする。


「おはよう。吉住、田辺、今日は頼んだぞ。体調はどうなんだ? ちゃんと寝れたか?」


「良く眠れましたし、肩も軽いし今日は万全です」


 今日は高校野球、甲子園予選の準決勝。

 相手は今大会の優勝候補、甲子園常連の強豪私立「東光大学附属高校」だ。


 今日の2試合目で対戦し、1試合目のもう1つの準決勝は2校共、東光大学附属より戦力は落ちる。

 

 この準決勝に勝利すれば甲子園出場の確率は格段に上がんだ。


 激戦区と呼ばれる地区で強豪が多い中、ベスト4に県立西城高校が勝ち進んでいた。

 西城高校は昨年ベスト16で敗退し、歴史ある学校だが、ベスト16の壁を越えた事はなかった。


「今回もまぐれ」とか「ただの奇跡」と言う声も聞こえるが、俺達からすると必然であり、甲子園出場は当然の目標だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る