岩永善次郎、異世界と現代日本を行き来する

作者 山口遊子

1,408

553人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

あらすじにも書いてあるけど、主人公が勝手気ままに行動し異世界と現代日本を行き来しながら快適に暮らしていこうとするこの作品。

40話まで読んだ時点では日本は買い出しのために戻る程度で、舞台のメインは異世界の方になっています。

戦闘描写は少しだけありますが基本は生活向上のための買い物、錬金などの描写が多めです。

奴隷を購入する場面もありますが、困っている人を住み込みで働いてもらうくらいの感覚なので、ひどい扱いをするような描写はありません。

主人公は思いつきですぐに行動するのでちょっとポンコツな場面もありますが、やられたら即やり返すので爽快に思える部分もあります。

★★ Very Good!!

読み始めはよくある「異世界転生もの」で、主人公が無能(と思われて)ってパターンではあるのですが、その後の主人公が強くもなるけど無双って言うよりは自由に生きていく物語でしょうか。

各話しが読み切りまではいかないけれど、次々と物語が進展していくのも読んでいて楽しいです。

敵には容赦しない(やられたらやりかえす)の部分も変にフラストレーションが溜まらずいいですね。

次話まだかなーって思っちゃう、読みやすい作品です。

(個人的な評価ですが☆1=たのしい!☆2=最高!☆3=後世に残したい、です)