033「ドキドキしている」「安心している」

 僕たちが別れたあとのこと。


「うん。私、よーへいに別れて欲しい、って言った。友達に戻って欲しいって言った」


 そう、言われた。一年以上前のこと。


「私たち、友達としてやっていこう、ってなった」


 恋人ではなく、友達として。あの日、僕だって頷いた。本当は彼女の前で泣きたくなってしまったのだけど、それは家に帰ってからにした。


「それで私、別れた次の日、よーへいを呼び出した。一緒に帰ろう、って誘った。友達として、一緒に帰ろうって」


 そうだったね。


「よーへいはそれを受け入れてくれた。でも今思えば……私、本当にひどいこと、してた」


 ……どうして、そう思うの。


「甘えてしまっていた。よーへいの優しさに。それで……やっぱり君は、私の幼馴染として、友達として、私に寄り添ってくれていた。でも……本当の気持ちを押し殺していたんだよね」


 どうして、そう思うの。


「だって、私の一方的な、感情だったから。友達でいたい、って。これまでの何年もの間と変わらない二人でいようって、そんなの、私の一方的な……」


 どうして。


「ねぇ、よーへい」


 なに。


「よーへいをフったのも、長谷部くんをフったのも、私のせいなの」


 ……。


「私が、変われなかったから。変わっていくよーへいについていけなかったから」


 …………。


「私とよーへいの間にあるもの。関係性。それって恋愛がなきゃダメなの? って思ってしまった。そんなもの無くても、私とよーへいはいつでも一緒だったのに」


 ………………。


「それが心地良くて、恋愛があっちゃ心地が悪くて、私、君をフった」


 ……………………。


「そんな私の思いを、君に一方的に押し付けてしまった。無理矢理に、求めてしまった」


 違うよ。


「違くない。私が……私のせいなの」


 違う。


「君は私のこと好きなのに、分かろうとせず、見ないフリをして、友達という関係性を……」

「楓!」


 楓が、振り向く。


「……よーへい」

「……違うよ」

「私、恋が、分からないよ」


 楓の身体が、僕へ向く。


「……長谷部くんのことも、よーへいのことも、好きになれなかったよ」


 二人、向かい合って、屋上の上。


「私だけ……ずっと──」


 見つめ合う。


「──変われないんだよ」


   ***


 それが楓の本音なんだね。僕が尋ねた。楓は無言で頷いた。話してくれてありがとう。僕が言った。楓は無言で頷いた。


 そしてしばらく沈黙が続く。楓が話したいことは、それで全部だったのだろうか。うん、多分、そうなのだろう。彼女の顔に張り付いた背徳感。それはおそらく、僕へ向けてのもの。本心を余すことなくぶつけたからこそ、できる表情だ。けれど、申し訳のない気持ちとか、いらないのに。僕は楓の気持ちを、楓の言葉で聞けてよかった、と思っているのに。


「……変わらなくていい」


 僕は言った。


「変わらなくていいのに。楓は、そのままで」


 そう言いながら、果たしてこれは僕の本心だろうか、と自問する。


 だって、僕は楓と恋人になりたいわけで。両思いになりたいわけで。


 だとするならば、変わらなくていい、恋が分からないままでいい、なんて矛盾しているじゃないか。


「……よーへいは、そう言ってくれると思った」


 楓が俯きながら、言った。


「私に優しいもん、よーへいは。自分よりも、私だもん」

「……」

「だから私は甘えるんだよ、君に。そんな自分が嫌になるけど、やめられない。よーへいは、全部、包み込んでくれるから」

「…………」

「……なんで」


 なんで?


 そんなの、楓のことが好きだから。それ以上にあるかよ。


 そうなのだ。僕は楓のことが好きで好きでたまらないのだ。だから、楓の悲しんでいる顔が見たくない。自分の気持ちよりも、楓の気持ちを優先したくなってしまう。この恋が実らなかったとしても、楓が悲しまないならそっちの方がいい。そういうことを本気で思えてしまうのだ。楓のことが好きだから。たったそれだけの理由で。


 だからこそ、余計、僕は悲しい。僕も自分で自分が嫌になる。


 どうして楓に想いを伝えてしまったんだろう。楓を悩ましてしまう、苦しませてしまう、って少し考えたら分かったはずだろ。


 矛盾だらけだ。


「……楓」

「ねぇ、」


 僕の声を食うように、楓の声が重なった。僕は黙る。


「……私ね、この一ヶ月、考えていたことがあるの」

「……なに」

「十年間、いつだって私はよーへいの隣にいた。一度だって疑問に思ったことも無かった。これが当たり前なんだ、って思った。だからね、私、よーへいを失うのが怖かった」

「……うん」

「失う前から、よーへいのこと、大切だって思ってた。だから、失って……怖かった。私、これからよーへいナシで生きていくんだ、そういう極端なことまで考えて、息ができなくなりそうだった。……それで、思ったんだ」

「なにを」

「……これ、本当に友情なのか、って」


 言葉に詰まる。何も言えない。


 それ、どういう、意味。


 楓の顔を見る。目が泳いでいる。喉元が震えている。胸元が荒く上下に動いている。


 ……楓? 君は、一体、何を言おうとしている?


「わ、私ね、思ったの。私、よーへいに対する気持ち、なんて名付けたらいいのかって考えた時、思ったんだよ」


 楓の呼吸が少しずつ荒くなる。


 ねえ、楓、君は。


 君は今から、何を言うつもりなんだ。


 それは、どういう、つもりなんだ。


「私、本当は、よーへいのこと……」

「楓……」

「よーへいのこと、す、好きなんじゃ、ないのかな、って」


 僕と楓は十年の付き合いだ。楓の考えていることを、完璧じゃなくたって、分かるつもりだ。


 だから。


「これが……もしかしたら、恋愛感情、なんじゃないのかなって」


 君の言っていることが、本心じゃないって、分かる。


「だって、私、よーへいと……ずっと一緒にいたいんだもん」


 自分を納得させようと無理をしているのが、分かる。


 悔しいけど。

 分かってしまうんだよ。


「私、よーへいのことが、多分、一番、好きなんだ──」

「楓!」


 瞬間。


 咄嗟の行動、だった。


 自分でも、何をしているのか分からなかった。


 僕は、楓を抱きしめていたのだ。


「…………よ、よーへい……」

「……。やめて」


 楓の顔は見えない。


「……もう、やめて」


 それでも、肩が震えていたから。


「……違うよ、それは」


 泣いているのが、分かった。


「嘘つかないでよ」

「…………じゃあ、どうしたら、いいの」

「……」

「私、よーへいとずっと一緒にいるには、どうしたらいいの。わかんないよ」

「……どうしたら、いいんだろうな」

「私、よーへいのこと、好きだってことにしたら、うまくいくんだよ。全部」

「……バカだ」

「バカでもいい。……私の願いは、よーへいと、一緒に……」

「楓はさ、ドキドキしてる?」

「……え?」

「いま、ドキドキしてる?」

「…………」

「ぼ、僕は、してる。楓のことが、好きだから」

「……」

「楓は? きかせてよ」

「…………。わかんない」

「……うん」

「……わかんないけど、安心してる」

「……」

「よーへいにこうやって、抱きしめられて、安心してる」

「……じゃあきっと、僕の、楓に対する気持ちとは、違うよ」


 楓に僕の顔は見れない。


 ならば、もう、我慢はやめだ。


 泣いてしまおう。


「……楓は、僕のこと、好きじゃないよ」

「…………」

「好きじゃない。恋じゃないよ」


 メチャクチャだった。感情も、感傷も。それらは心の中で大きな波になって、僕を恋慕と悲哀の底へ沈めていく。大好きな人を抱きしめていて、それでも満たされないこの状況を、僕はどうしたらいいんだろう。ワケが分からなかった。


 でも。


 僕は、ここに来る前、決めてきたことがあったろう。


 楓に全部話すって、決めてきただろう。


 そのことを思い出して、僕は口を開く。


「……楓、僕はね」

「……うん」

「楓と会えなかったこの一ヶ月、楓ナシでも生きていけたんだよ」

「……うん」

「意外とね、目を瞑れば、なんとでもなったんだ」

「……うん」

「離れてみるとあっけない。そう思った」


 うん、と楓はもう一度、呟いた。


「楓の言う通り、僕だけが変わってしまったのかもしれない。僕だけ、楓に恋をして、恋がなければ、楓と一緒にいられない人間になってしまったのかもしれない。楓との恋が実らないなら、そこから目を背けて別の人と生きていけばいい、って、そういう生き方が出来るようになってしまったのかもしれない。僕は、そういう人間になってしまったのかもしれないんだ」

「……どうして、こうなっちゃったのかな」

「……十六歳になっちゃったからだよ、きっとさ」

「……めんどくさいな。成長、したくないな」

「……楓はそのままでもいい」

「……そういうわけにはいかない。そうでしょ?」

「……楓は楓のしたいように生きて欲しい。楓のことが好きだから、そう思う」

「……そういうわけには、やっぱり、いかないよ」


 本当に、そういうわけには、いかないんだろうか。


 僕は楓のことが好きで、楓と一緒になりたいって思っている。それと同じくらい、楓は楓のままでどこまでも生きて欲しいと思っている。


 僕らが僕らのまま、お互いが寄り添い続けることって、出来ないんだろうか。


 恋も友情も、ここにあるまま、僕らはずっと一緒にいられないものなのだろうか。


 たぶん、そんなこと無理なのだろう。でもどこかに答えはないのだろうか。そういう希望を探してしまう。


 どうにかして見つけたい、そう思ってしまう。


「……ねえ」楓が声を出した。「……雨だよ」


 その時、頬が濡れた。涙じゃないとすぐに気づいた。


 上を見る。瞼に水滴が落ちる。


 確かに、雨だった。


 ゆっくり楓の身体と僕の身体が離れる。向かい合うように、立つ。


「……泣いてやんの」


 楓が言った。


 慌てて、涙を拭う。


「楓こそ、泣いてる」

「……うるさい」


 拭った手で、楓の手のひらに触れる。楓が僕の手を握り返した。


 二人、手を繋いだまま、無言のまま、歩き出す。屋上の出入り口、小さな屋根の下へ。


「……」

「……」


 二人、並んで、空を見上げる。


 雨が強くなる。すっかり、土砂降りだった。


「……帰れなくなっちゃったね」


 楓が言う。


「……きっと、止むよ」


 僕が言った。


「だといいね」

「……でも、止むまで、ここにいよう」

「うん」


 僕らは視線を交わさず、ずっと空を見上げたままだった。沈黙が続く。


 沈黙を破ったのは、僕だった。


「ねぇ」

「なに」


 二人きり、僕と楓の雨宿り。


 その状況で、僕は、ある日のことを思い出していた。


 ある日。

 梅雨が始まってすぐのこと。急な土砂降りに遭って、ビニル傘が盗まれてしまって、タバコ屋の軒下に駆け込んだ放課後のこと。


 ある女子高生と出会った時のこと。


 を、思い出していたのだ。


「知ってる?」

「なあに」


 あの日、彼女が言ったこと。


 その言葉が、自然と口から漏れた。




「雨宿りってさ、男女が契りを交わすシチュエーションなんだって」




 なにそれ。楓が言った。


「だからさ、約束、しなきゃだよな」


 約束。楓が繰り返した。


「うん。……楓」

「うん」

「僕たちには、僕たちなりの関係性があるはずだよ。僕にとっての幼馴染は楓だけで、楓にとっての幼馴染は僕だけなんだから、そんな二人に似合う距離が、僕らだけの距離が、絶対、どこかにあるはずだと思う。それを、一緒に見つけて欲しい。見つけようよ、楓──」


 息を深く吸う。

 そして、声を乗せて、吐き出した。


「──僕たち、ちゃんと幼馴染になろう」


 左手。楓が僕の手を握る力が、強くなった。


「……それが、約束?」

「うん。特大級の、約束」

「……ただの幼馴染は、手なんて繋がないけど」

「幼馴染だからこそ、手くらい繋ぐだろ」

「……私たち、もう十六だよ。十六の幼馴染も手は繋ぐものかな?」

「じゃあさ。今日だけは、こうさせてよ」

「明日からは?」


 そうだなぁ。


 僕も、楓の手を握る力を強めた。


 結局、言いたいことを全部言えたかは分からない。僕の後悔が晴れたかどうかさえ、微妙なところだ。それに、楓への気持ちに折り合いがついたとは到底言えない。


 僕は、明日も楓のことが好きだと思う。

 楓は、明日も僕を友達として求めてくると思う。


 それでも、雨宿りが、昔から連綿と続く契りのシチュエーションなのだとしたら。ここは一旦、星ならぬ、雨に願いを。



 僕らが明日からも、一緒にいられますように。



 そうやって「約束」という形に僕らのいざこざをしまい込んでしまおう。


「……ただ、隣にいよう。幼馴染としての二人で、いよう」


 土砂降りの音が強くなる。だから、本当のところ、楓が言った言葉がなんだったのかは分からない。


 けれど、少なくとも、僕には、


「よろしくお願いします」


 そう、聞こえた。


 だから、僕は、答えた。




「──こちらこそ」






【あとがき】


それではお聞きください。


スピッツ「楓」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る