029 如月美紀

 幸せになって欲しい。


 アンタの幸せは、アタシの願いなんだから。


 世界にうまく順応しているフリばかり得意になって、その実、心の奥底で廻る感情の歯車と世界との噛み合わせが悪いことに、本当はアタシ、気づいている。そんなアタシと違って楓は──楓のいるところ、常に陽の光が降り注いでいるような、いつだって世界を味方につけているような人生を、アンタは生きてきたはずでしょう。アタシにはそう見えていたもん。だから、ずっと楓に憧れて、一番近くで楓を眺めてきた。楓という燦々たる存在。それがアタシにとって、唯一、この世の絶対、だったから。


 だというのに、最近のアンタは、なんなんだよ。


 つまらなそうに窓際に佇んで、ぎこちない笑顔ばかり振りまいて、出まかせばかり口から吐き出して。面白くない。そんなアンタ、面白くないよ。


 遊びに行こう。今日、アタシは、楓をそうやって誘った。いま思えば、その誘いは文脈的に不自然なところがあった気がする。唐突な提案に聞こえてしまったのかもしれない。でも、言い切ってから、それでもいいと思った。


 アタシの本懐は「楓と遊びに行きたい」ではなく、「元気な楓が見たい」だったから。その為に「遊びに行こう」。「いつまでも暗いアンタを見るのは、もう懲り懲りなんだ」。心の中でそう付け足した。


「…………」


 けれど。


「ごめんね。最近、ちょっと……」言葉を濁して、続けた。「忙しくて」


 変わらず、寂しそうな表情で、彼女は言った。


 俯く。帰宅部で無趣味で彼氏もいないアンタに「多忙」なんてないだろ。


「あ、そう。アレだ。最近ね、ハマっているゲームがあって」


 アタシが薦めたソシャゲのことだろうか、と訊いた。


「それ。だめだねー。一度ハマっちゃうと、なんも手につかなくなっちゃうよー。美紀のばか〜! 余計なこと教えやがって〜!」


 回想を終えたアタシは、自宅のソファに寝転んで、アタシはそのソシャゲにログイン。フレンド欄に、楓の名前を見つける。


 最終ログイン、一週間前。


「……嘘つき」


 ボヤく。


 なんでそんな見え透いた嘘をつくんだよ。アタシにバレないと思ってるんだろうか。アタシを見くびっているんだろうか。まさか、アンタが落ち込んでいることにすら気づいてないと、そう思っているわけじゃないだろうな。なめないでよ。楓はアタシにとって、その程度の友人だと、アンタは思っているってことなの? むしゃくしゃするよ。本当に、嫌な気持ちになる。


「…………」


 あ、やばい。


「…………待って、待ってちょっと」


 この家にはアタシ以外誰もいないのに、全くアタシは何を制止したいのだろう、こんな馬鹿げた独り言はいてさ。


 なんて、アタシはそうやって油断したわけで。


 結果。


 言葉で制止したはずの涙が、頬を伝ってしまった。


「……ちょ、泣くのかよ、アタシ」


 だせぇ。


「……こんなしょーもないことで……」


 アホっぽ。


「分かんな、分かんなすぎる……」


 感受性豊かすぎるだろ。アタシは胸中で、アタシにツッコミを入れた。


 だって、おかしいでしょ。普通に考えて。友人が落ち込んでいるだけで、泣くの? アタシの涙って、そんな安かった? この前、彼氏と別れた時だって泣かなかったし、なんなら腹抱えて笑った女だぞ。卒業式でも泣かなかったし、映画でも泣いたことないのにさ。


 こんな小さなことで、泣くか? 普通。


「……そうか」


 少し考えながら泣いて、この涙の理由が、わかった。


 アタシ、楓へ何もしてやれないことに、泣いてんのか。


 小粋なジョークで楓を笑わせてやることもできない。楓を遊びに連れ出すことだって出来ない。例えばそれが、「嫌われているから」とか分かりやすい理由だったら、キレて終わりにすればいいけど、そうじゃないこともまた、アタシには分かっていたから、ただただ悔しい。


 だからアタシは、陽平くんに会いにいった。


 アタシに出来ないことを、唯一、彼ならやってのけると思った。


 けど、それも失敗に終わってさ。


「……無力すぎでしょ」


 この世界は、どうして、こうも惜しいんだろう。


 一向に、アタシと世界の歯車が噛み合う気配はない。やることなすこと空回って、徒労に終わって、アタシという無茶苦茶な存在だけが、ポツリ、残る。だけ。


 ……ねぇ。


 と、またしても、馬鹿げたことを考え出して、かぶりを振る。


 いや。けど。


 この部屋には誰もいないんだ。このモヤモヤを解消するためにも、馬鹿げた考えを言葉にしてしまおう。


 アタシはそう思って、


「楓」


 息を吸って。


「陽平くんとの関係を失って、ヘコんでるなんてさ、アホでしょ」


 吐いて。


「アタシがいるんだよ」


 もう一度、吸って。


「アタシを頼ってよ」


 もう一度、吐いて。


 名前を呼ぶ。




 楓。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る