Episode.03

013「緊張するから、やめて」「させてんだよ、ドアホ」

 日曜日。


 イヤホンから流れる、フレコネ。すっかりお気に入りになった曲、「新しい明日のはじめかた」。メロディーラインの心地良いリズムに、胸は弾む。いや、どうだろう。この、高鳴る胸の理由は、もしかしたら他にあるのかもしれない。


 天気は快晴。ここまで綺麗な青空は、梅雨入りしてからは初めてじゃないだろうか。外出するには、最高のコンディションだ。


 玄関前に立つ。イヤホンを耳から外して、深呼吸。そして、おそるおそる、チャイムのボタンに人差し指を置いた。押す。


「おっそーい!」


 チャイムを鳴らしてから、ドアが開くまで、一秒と無かったと思う。


 楓が勢いよく飛び出してきて、開口一番、そう言った。


「お、おはよう……」

「うん。おはよう! っていう割に、もう午後ですけどねぇ〜」


 嫌みたらしく言っているけれど、集合時間を指定したのは楓の方だった。お昼ご飯を食べてから集合しよう、そういう話だったハズだ。


「……ん〜?」


 楓が、後ろ手で玄関のドアを閉めながら、僕をジロジロと見る。頭の先から、つま先まで、なめ回すように。


「な、なんだよ」

「あは。よーへいの私服、めっちゃ久々に見た!」

「あ、ああ。そーだな。……僕も楓の私服、久しぶりだ」


 自分で言っていて、歯切れの悪いコメントだな、と思った。おうむ返しでしかないし、なんかもっと気の利いたこと言えないのか、と外出早々(まだ迎えにきただけなので厳密には始まってすらいないけど)自分に呆れる。


「へへ」


 楓は笑ってから、目の前で、くるりと一周した。


「どう?」首を傾げながら、尋ねる。「似合う?」

「うん、まあ」

「反応薄いなー。今日はねー、ライブだから。下ろしたてのジーンズチノで、まー、カジュアル〜に決めてみました!」


 キャップを深くまで被りなおし、上目使いで僕を見る楓。


「ええやろ?」


 なんで関西弁なのかは分からないけど、素直に、ごっつええ、と思った。


 キャップやスニーカーのせいで、一見スポーティーにも見えるけれど、だからといってボーイッシュというわけでもなく……なんというか、こう、あのう、あれだよその……可愛い。


 ダメだ。ファッションに疎すぎて、語彙の持ち合わせがない。


 でもとにかく、似合っていた。し、二百パーセントの良い意味で、いつもと違う印象だった。普段の楓は、そこまで高くない身長や制服が「年相応」って感じを演出しているけど、今日は、どことなく垢抜けて見える。


「ん、もう。もっとしっかり言葉にせんかーい。楓の激レア私服姿、ヴァージョン高校二年生、なんだぞ!」

「あ、うん。そーだな。……か、可愛いよ」


 楓が満足そうに、二度、ウンウンと頷いた。


「ま、よし。合格、ってことにしてやろう。よーへいもカッコイイよ。決まってる」

「えっ、あ、」


 あまりに自然な成り行きで褒められたものだから、激しく動揺してしまう。


 取り繕うように、視線を右下へ左上へと動かしながら、「あー。えー」と言葉にならない発音をする。

 その何度目かの繰り返しののち、ようやっと落ち着きを取り戻して、


「ま、マジ? あ、ありが──」


 と返そうとしたけれど、


「うし、出発だ!」


 言い切るより早く、楓は駆け出していってしまった。


 はあ、なんて、幸福なため息をひとつ。


「ほら!」数メートル先で立ち止まり、振り返った。「行こう!」


 うん、行こう。僕が、返事をした。


 今日は、外出。しかも、楓と二人きり。


 ひょんなことから、約束してしまった、ライブデート。


 その、当日だった。


   ***


 楓から渡されたチケットを見る。


 フレンチコネクション、全国ツアー。ワンマンライブ。


 ライブ会場。乗り換え一回、片道二十分の新伊月駅が最寄りのコンサートホール。

 全席指定。楓と連番、つまり隣の席。

 開場、午後四時。開演、午後五時。


 現在、午後一時過ぎ。ライブ会場へ直接向かうには、まだ少し早い。


「ちょっと早いよね〜。どうしよっか?」


 新伊月駅の改札前で、楓が言った。


「ああ、そうだな……」チケットを、財布の中へ仕舞いながら返事。「ちょっと、ぶらつこう」


 言って、歩き出す。


「お? どっか、行くあてでもあるの?」


 言って、付いてくる楓。


「まあ」

「え、マジ?」

「なんだよ、その反応。まるで僕のことを無計画ヤロウだと思ってたみたいじゃん」

「へへ。……バレた?」

「ひでー」


 と、強気に出ているけれど。


 正直に言えば、直前まで、無計画だった。



 そんな僕を、峰岸が咎めてくれた。昨晩のことだ。



 峰岸から突如電話がかかってきたので、出た。いくつかの世間話を交わし、その流れから今日のデートプランの話になった。僕は正直に、ライブ以外の予定は全て白紙状態という実情を彼に伝えた。ら、だ。


「はあ!? 無計画? マジでないわ!」


 鋭い怒号が飛んできた。


「お前、自分の状況わかってんの? デートなんだぞ? 一年ぶりの! しかも、楓ちゃんを長谷部に取られるかどうかの瀬戸際!」

「まあ……。けどさ、僕らって、幼馴染じゃん? だからさ、プランなんてなくたって、退屈しないと思うし」

「アホ! バカ! 低偏差! あのなあ、お前はその場をやり過ごせればいいのか? 一日を無事安全に過ごせればそれでいいってか? 小学校の遠足じゃねーんだから。いいですか?」

「なんで急に敬語なんだよ」

「明日お前がするのは、デートなの。リピートアフターミー?」

「あしたおまえがするのはでーとなの」

「そっくりそのまま繰り返すなよ」

「リピートしろって言ったの、お前だろ」


 うるせェ! と、再度、怒号。


「デートなの。デート。何度でも言うぞ。お前は、明日、好きな子と、デート!」

「……緊張するから、それ以上言うの、やめて」

「させてんだよ、ドアホ」


 それから峰岸は、散々、僕を叱りつけた。叱りつけて、そして。


「ライブ会場は新伊月なんだろ? あそこなら、デートに最適なスポットも幾つかある。コースはお前に任せるが、とにかく、ライブ前の空いた時間に、そこへ楓ちゃんを連れて行け。いいか、お前がリードするんだぜ。分かったな?」


 そう、アドバイスをした。


「楓ちゃんを、最大限、楽しませろ。そんで、だ。お前自身も、最大限、楽しめ」


 その為のアドバイスだ。峰岸は、そう言った。



「やばぁ! めちゃデカじゃん! なんでもあるし!」


 で、現在。

 僕らは駅前のショッピングモールに来ていた。館内案内板を眺めながら、楓が嬉しそうにはしゃいでいる。


「ねえ、よーへい! 見て! 日本一のメロンパンだって!」

「昼メシ食べたばっかだろ?」

「バカだねぇ。メロンパンはおやつに入るから、昼食後に食べてもいいんだよ?」

「どーいう理屈だ、それは」

「それに、二人でシェアすればカロリーゼロだし」

「その理論は、流石に無理あるわ」


 やれやれ、と呆れのポーズをとりながら、僕は内心、高揚していた。


 目の前で、楓が、とても楽しそうに笑っているからだ。


 行こう! と走り出す楓。後ろを付いていく僕。


 控えめに言って、幸福だった。


 地下一階。日本一を謳ったメロンパン屋で、メロンパンを一つ、購入。近くのベンチに隣同士座って、半分こ。あまぁ、と楓がとろけるような声を出す。僕も、一口。めちゃくちゃに甘い。……少し、僕には甘すぎるように感じた。けれど、隣で楓が幸せそうに食べているから、不満なんてなくて、むしろ充足感でいっぱいだった。楓の笑顔を見ていると、心なしか、徐々に丁度いい甘さに思えてきさえする。


 食べ終わって、しばらく談笑して、僕らは館内をぶらりと散策した。



 歩きながら、昨日の峰岸の言葉を思い出す。



「ショッピングモールは、まあ、外せないな。ぶっちゃけ、そこへ行くだけでも、余裕で時間は潰れるだろう。が、新伊月には、まだまだ魅力的なスポットが存在する」


 ガイドブックみたいな口調で、彼は続けた。


「緑地公園だ。確か明日の予報は晴れだし、日曜日。賑わっているだろう。そこへ楓ちゃんを連れていくんだ。穏やかな昼下がり、都会の中にポツリと佇む自然に囲まれて、爽やかな初夏の風を浴びる。家族連れを眺めながら、将来の二人を思い浮かべたり、理想の夫婦像を語り合ったりして──」


 一旦、以下割愛。この辺りから、峰岸の喋りが暴走していた気がするので。


 が、確かに、緑地公園は良いと思った。楓は、アクティブに動き回るのが得意なタイプじゃないことを、僕は知っている。どこか、落ち着く場所で、ゆっくりと時間を過ごす。それは、楓にとっても僕にとっても、名案だと思った。



「楓──」


 ショッピングモールの散策を始めてしばらくした頃。僕らは、二階の雑貨屋にいた。そこで、文房具を眺めていた楓に、声を掛ける。


「──ちょっとさ、行きたい場所があるんだけど」


 僕は、峰岸のアドバイスに倣って、楓を緑地公園に誘ってみた。すると、彼女は目をキラキラと輝かせて、「サイコーじゃん! 行こうよ!」と言った。


 公園は、ショッピングモールから徒歩五分ぐらいの場所にあった。しかもコンサートホールの目と鼻の先だ。ここからなら、ある程度時間を忘れて過ごしたとしても、ライブに遅れる心配は無さそうだ。


 一面の芝生。風が吹き、木々が揺れる。芝生の外周に並ぶ木製ベンチに、空席を見つけて、僕らは腰を下ろした。そこからは、公園一帯が見渡せた。峰岸が言う通り、家族連れも多い。とても長閑で、多幸感溢れる光景が、目の前に広がっていた。


「……なんかいいね。こういうの」


 楓が呟いた。


「平和、って感じ。なんか、安心するな」


 そんな楓の横顔を、僕はじっと見つめていた。


 嬉しかった。


 安心。僕の隣で、楓がそう言ってくれたから。そして何よりも、僕も同じだったから。


 僕も、安心していたのだ。


 それは決して「デート」への緊張だとか、「楓をちゃんとリードできるか」というプレッシャーだとか、そういった類のものからの解放が理由じゃなかった。


 隣に楓がいること。ただ、それだけのことに、安心していたのだ。


 これまでの一年間。楓と別れて、僕の恋が一度終わってしまってからの一年間。思い返せば、僕は心のどこかで、彼女に対して壁を張っていた気がする。更には、長谷部から告白されたと聞いて、なお一層、その壁は厚くなった。楓との適切な距離感が、分からなくなっていたと思う。


 けれど、今日、今この瞬間に、僕はふと思い出したのだ。楓と僕の距離。パズルのピースがカチッとハマるみたいな、違和のない居処。それを、楓との関係性の間に、もう一度、見つけられたのだ。


「よーへい」


 楓が言う。


「なに」


 僕が言う。


「……そろそろだね、ライブ」

「だな」


 僕らはそれだけ言葉を交わして、ライブ会場へと向かった。


 会場へ到着するまでの間、僕らは無言だった。


 その無言の空気感が、何事もなく沈黙を継続できる雰囲気が、またしても、僕を安心させた。


 楓にとっての「安心」も同じ意味があれば良い。


 そう、思った。


 そして、もし、出来ることならば確かめ合いたい。


 確かめ合う。


 即ち、だ。


「さ。あとは──」と、脳内で峰岸の声がフラッシュバックする。「──どう告白するか、だよな。陽平」


 だな、峰岸。


 僕は、今日、楓の気持ちが僕の気持ちと同じかどうかを、確かめるつもりだ。その決心はもう、ついている。




 そう。

 楓に告白する決意は、もう、できているのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る