幕間

012 如月美紀

 電話越しの、静寂。かれこれ数十分、堂々巡りの会話。の末が、現在だった。画面上に表示されている「通話時間」のカウントだけが進んでいく。


 アタシはもう、いい加減、辟易していた。


 彼の、鼻をすする音が、一度、聞こえた。それ以外の反応はなく、こいつは黙ったまま。「はい」も「いいえ」も言わない。めんどくせえ。


 世界はいつも、どことなく、惜しい。


 何か出来事を前にして、例えば「運命的」だとか、「ドラマチック」だとか思えることが、アタシにだってごく稀にある。ま、頻発していたら運命もくそもないから、そりゃあそうなんだけど。とにかく、自分が物語の主人公になったような気分になれることが、人生には起き得る。そういう時、アタシは常に思うのだ。世界は、決して悲観すべきモノじゃない。


 しかし、時間が経てば、それが錯覚だと気づかされるのも常だった。結局、どこかでボタンの掛け違いや、些細なすれ違いが、アタシの目を覚ましてしまう。冷ましてしまう。


 電話の向こうの彼は、中学時代のアタシが憧れていた同級生だった。


 中学校の野球部で、レギュラー。勉強もそこそこ出来て、ユーモアもある。たまに抜けているところもあって、そこがまた愛おしい。そういう奴だった。だから、当然のようにモテていた。彼女もいたっけ。八ヶ月くらい付き合っていたとかなんとか。中学生の恋愛にしては、長い方だと思う。


 まあ、そういういかにもスクールカーストのトップみたいな人間に、中流階級のアタシが惹かれていくのも、至極当然の成り行きだったろう。


 結局、在学中に想いは伝えられなかった。それを少しだけ後悔して、アタシは高校生になった。彼とは別の高校。ま、新しい出会いをして、新しい恋でも、ささっとしてしまおう。


 そう思って、日々を過ごしている最中のことだった。


 去年の秋頃。アタシは、駅前でばったり、彼と再会をしたのだ。まさしく、運命的に。


 いくつかの会話をして、意気投合して、その日は連絡先だけ交換して別れた。けれど、それが、アタシたちにとって、確実なキッカケとなったのだ。


 キッカケ。親密になるキッカケ。

 親密。つまるところ、男女交際への発展。


 けれど、だ。


「…………ねえ」やっとこさ、彼が声を出した。

「なに」アタシが答える。

「もう一度、考え直してくれない?」

「……嫌だ。もう決めたことだし」

「勝手に決めないでくれるかな……」

「勝手に決めるくらいじゃないと、君がゴネるでしょ」

「だからさ、ちゃんと話し合って……」

「ほら、そういう風に。……ダメ。呑んで。……アタシと別れて」

「……」


 だりぃ。


 アタシは彼に聞こえるように、わざとらしく大きなため息をついた。もうこれ以上はメンドくさいから、さっさと折れてくんないかな。そういう事を伝える為のため息だった。


 あーあ。


 もしも彼が、潔くアタシの提案を呑んでくれたとしたら、幻滅することはなかったろうに。彼との良い思い出だけを残して、円満に別れることが出来たろうに。良い元彼だった、と胸を張って、次の恋に進めただろうに。


 運命的な再会をしたところで、それから二人が燃え上がるような恋をして、劇的な交際を始めたところで、こうもグダグダな別れ方だと、やはり、思わざるを得ないな。


 はぁ。

 まったく。


 この世界は、どことなく、惜しい。


   ***


「美紀!」


 アタシの机を、ドンッ、と両手で叩きつけながら、彼女は言った。


「……なん」

「マジでさぁ! どゆこと!」


 昨日の別れ話が尾を引きずって、未だ心にモヤがかったアタシを叱責したのは、楓だった。


 その理由は概ね見当がつく。というか、一つしか有り得なかった。


「ライブのどたきゃん! 相談くらいさ、してよ!」


 大当たりだ。


 昼休み。さっきのこと。アタシは楓を「第二準備室」と名のつく物置部屋へと呼び出した。そこで、週末の約束を断る旨を、一方的に告げたのだ。代わりに幼馴染の陽平くんと行って来なよ、と付け加えて。


 彼女は、その件に関して、ご立腹らしい。


「あーね。すまんすまん」

「もう……ほんと、テキトーすぎ! 最悪だよ、最悪!」


 ぷんすか、というオノマトペが似合うような、プリティーチャーミーな怒り方だな、とアタシは楓を見て思っていた。この子、怒気よりも可愛さが勝るから、全然怖くないんだよなあ。


「けどさ、行く人、いて良かったじゃん」

「そーゆー話じゃなぁい!」


 ありゃ、頬を膨らませていらっしゃる。小リスでも眺めてるような、穏やかな気分だ。


「じゃ、どういう話?」


 あっけらかんと尋ねるように、アタシは言ってのけた。彼女と口論するつもりはない。単純な疑問ですよ、というニュアンスを込めたつもりだ。


「長谷部の方が良かった?」


 追撃。

 これも、真っ当な提案ですよ、というニュアンスを込めた。


「あ、……あのさ。美紀……」


 楓が俯いて、肩を震わせていた。


 すぐさま、


「ホント、許さないから! 先生に言いつけてやる!」


 楓は、高校二年生にしてはダサすぎる文句を放った。


 しかも、それ、どっかの誰かの発言と完全一致してら。


「……ははっ」


 アタシはつい、笑ってしまった。


「な、なに笑ってんの!」

「いーや、別に。可愛いやつだな、と思って。楓」

「はっ、はぁ? バカにしてるでしょ!」

「違うっての。尊みを感じてるんだよ」

「ほらぁ!」


 ぽこぽこ、というオノマトペが似合いそうな勢いで、アタシの肩を叩く楓。痛くも痒くもない。むしろ、叩かれたところからHPが回復していくような気さえする。


 マジで、可愛いやつだ。癒されちまうな。


 しかも、彼女はこれを天然でやってのける。そりゃあ、モテて然るべきですよ。長谷部も、陽平くんも、楓のことを好きになる気持ち、分かる。羨ましいくらい、分かった。


 だからこそ、アタシは思うのだ。


 彼女には、ちゃんとした選択をしてほしい。


 常に天然で、無自覚に愛嬌を振りまく彼女だからこそ、もっと自覚的になって、この世界を生きていってほしい。


 アタシは、強く、強く、そう思う。


「楓」

「なに! 土下座する気になった!?」

「しません。……あのさ」

「だから、なに!?」

「アンタ、ちゃんと、幸せになりなさいよ」

「……え」

「アタシには出来ないことを、アンタはやりそうだから。もちろん、いい意味で」

「なに、急に。全然意味わかんない」


 意味、分かって欲しいけど、ま、この場はいっか。


「……そろそろ授業始まるぞ」


 そう言って、アタシが立ち上がる。


「はい、出たー! 忍法、話そらし!」


 アタシにとって、人生とは、完全にかみ合うことのない世界の歯車に、歯がゆい思いをするばかりの日々。


「なんじゃそりゃ」


 はてさて、楓にとってはどうなんだろう。


 人間関係に恵まれていて、性格や容姿に恵まれていて、嫉妬するくらいの魅力がある彼女の目に、世界はどのように映っているのだろう。


 その景色はこれから、どう、移り変わっていくのだろう。


「とにかく、授業が終わったら、詳しく話を聞かせてもらうから!」

「はーい」

「ねえ、本気だよ? 私、マジガチだからね?」


 どうか。

 楓の目には、この世界が、完璧な形で見えますように。


「はいよっ」笑う。


 アタシは、そう、心から願っている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る