壊れた俺に差し伸べたのは、君の手だけだった。

作者 里村詩音