喋る黒猫とうそつきの麦わら

作者 香澄 翔

第33話 旅人の理由」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 思い出の祠は、朽ち果ててしまっていたのですね。
    なんとなく物語が終わりに近づく寂しさとリンクして切なくなります。

    そして、謙人くんの出す結論は……。
    二人の行く末がどうなるのか、こちらも楽しみなような寂しいような不思議な感覚です。

    作者からの返信

    たうゆのさん、いつもコメントありがとうございます!

    想い出の祠は朽ち果ててしまっていました。
    ここからいよいよ最後に向けて走り出します。

    とうとう物語は終わりを迎えようとしています。
    二人にどんな結末が待っているのか、ぜひぜひお楽しみください!!

    2021年7月9日 00:45

  • ありすのことを真剣に考えているからこその、考えさせて欲しいは謙人の優しさと誠実さを感じますね。

    朽ち果てた祠、二人が初めて出会った思い出補正もあってその落差は大きいものだったことは、ありすの目の涙が物語っています。その姿が想像できて悲しくなってきます。
    そして謙人の優しさがここでも感じられて、ありすが好きになるのも納得です。

    作者からの返信

    功野さん、いつもコメントありがとうございます!!
    結論を出せなかった謙人でしたが、彼なりに真剣に考えてだした答えだったと思います。

    そして祠は朽ち果ててしまっていました。
    想い出の場所が壊れてしまっていることに、ありすは衝撃を受けてしまいました。

    とうとう物語は終盤に入りました。
    どんな結末を迎えるのか、ぜひ最後までお楽しみください!

    2021年7月8日 22:15