推しV彼女 〜最推しVtuberが俺の彼女だった件〜

作者 結城彩咲

406

143人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

最近話題のVチューバー……皆さんも推しはいるでしょう。
この物語の主人公にも推しのVチューバーがいます。で、それがまさかの彼女で……!?
砂糖マシマシのとんでもなくあまーい作品です。主人公とヒロインだけじゃなくて個性豊かで面白い周りのキャラも好感をもてる!
ブラックコーヒー必須のラブコメ! オススメです!

★★★ Excellent!!!

 【ネタバレあり】〜63話まで
 まず、イチャイチャが甘すぎるとういうのが、第一印象。甘すぎて、ずっと、ニヤニヤが治らなかった、その原因で表情筋が少し痛むのを未だに新鮮に覚えている、、。こんなの見せられたら、誰だって、ニヤニヤしてしまう、、。
 もう一つは、理想なカップル像だと感じさせた。読む側までの影響を受けるぐらい、二人が甘々な雰囲気を漂わせおり、いやでも、カップルが羨ましい、彼女が欲しいと思わせてしまうほど、、。実際、思ったけど_:(´ཀ`」 ∠):。
 なんとなく、ヒロインが隠れスケベだったとういうことを予感していた。自分の偏見だが、胸が大きい、露骨に相手にスケベを連呼する(←偏見)は大体あると可能性として見ていた。普通スケベより、隠れスケベの方が萌えるとういうのは断然、、。
 PS:童貞、彼女歴なしを葬る作品で目から血の涙が出るかと思った、、。