裏切り者と舞踏会を

ねえ、ジャームに堕ちた時のこと、覚えてる?


私は覚えているわ。

私は望んで、そちら側へ堕ちたんだもの。


もう一度あなたに会って、あなたと同じになって、今度こそ終わらせるために。


アトアなんてこの世界には必要ない。

私はずっとそう言い続けてきた。


言っても戦ってもそれが分からないのなら、分かり合えるまで殺し合うしかないんでしょうね。化け物同士は、殺し合う以外に何もできないのだから。


大丈夫。あなたがどうすれば激情をぶつけてくれるのかはよく分かってる。まで、ずっと一緒にいたんだもの。

カウンターを傷つけるならセカンダリを、セカンダリを傷つけたいのならカウンターを傷つけるのが一番効果的。

それはあなたにも、とってもよく効くでしょう?


それにしても、還ってきてまでまだそんな研究を続けているなんて、滑稽ね。

もはや自分を助けられないものを、どうしてそう求め続けられるの?

それは私たちを再びこの地獄へ呼び覚ましただけじゃなく、次はもう救えないと、残酷な事実を突きつけるだけの道具なのに。


そしてその先はないと、ここで終わってくれと彼らは言う。

どうしてそれを受け入れられるの?

あなたも一度そこに堕ちたなら、分かっているでしょう?

彼らはお願いする事しかできない。

私たちがその気になれば、いくらでもその先へ進めるのに。


私たちジャームは終わりなき獣。

一度そこへ至ったなら、戻ってきたからといって、全てがなかった事にはならない。

私たちが今目にしているものなんて、儚い夢に過ぎない。

覚めない夢なんて、終わらない夢なんてないの。だから……私が終わらせてあげる。


―――さあ、化け物は化け物同士、殺し合いましょう?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る